10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Thinking Circuit

高校ラグビーに関わることの多い生活。グラウンドでのサポートや学校での講義の話などを中心に綴っています。

 

高体連登録人数推移、、、ラグビーは?? 

高体連の加盟校調査が更新されました。
研究にも関連するデータなので、時々チェックしながら待っていました。

今年度の数値含めたグラフがこちら
高体連登録人数推移H15-H29

生徒数の減少がありながらも登録者数はここ数年伸びていたんです。
今年は少し男女とも減少気味かな。
全国規模難でグラフで見る「少し」は随分大きいけど。

この結果に対してラグビーではどうなっているのか、、、
何故ラグビーか?と言われると自分がラグビーに関わっているから。

結果はこの通り。。
高体連ラグビー登録人数H15-H29(2)
グラフで見るとこんな感じ。
高体連ラグビー登録人数H15-H29
登録校数はずっと減っているんですね。
昨年の登録人数増加から向きが変わるかなぁと思ったけど一昨年よりも減少してました。。
今後は2018年問題もあるからさらに減少していく、、、ということになるのか。。

近年気になっていたハンドボールとの差も。。
高体連登録人口ラグビーvsハンドボール
ふと気になったけど、ラグビー登録者数の中に女子も含まれている、、、のか?
そうだとすると男子の人数はもう少し少なくなりますね。

東京都の場合は、、
東京都高体連ラグビー登録校数、登録人数推移H15-H29

東京都高体連ラグビー登録校数、登録人数推移H15-H29(2)

こちらも2年連続増加とはならず。。。
秋大会の時に見られた合同チーム数の減少は各学校での配分が変わったということだったんでしょうかね。
参照:
*追記【調べてみました】減っていることを本当に喜んでいいのか?~H29.東京都高校ラグビー合同チーム編成~

全体的に減っている中で増加している競技もおそらくあると思うので、
これはまた見てみたいと思います。

全体をみながら、まずは目の前のサポート、頑張りたいと思います。

♯高体連 ♯ラグビー人口 ♯東京都



スポンサーサイト

Category: 調べてみました

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

Tag: ラグビー  高校ラグビー  部活動  高体連  運動部活動 
tb 0 : cm 0   

東京都高校ラグビー新人戦合同チーム編成 

まだ花園予選は続いていますが、
東京都高校ラグビーの今年度新人戦合同チーム編成が発表されました。

近年の推移とあわせて検証?

合同チーム数&参加校数
今年度は合同は10チーム。
東京都高校ラグビー合同チーム推移4(H29新人戦)

東京都高校ラグビー合同チーム推移5(H29新人戦)

これだけだと実態はよくわからないですね。

●各チームの編成人数
東京都高校ラグビー合同チーム推移3(H29新人戦)
ここ数年は合同チームの編成人数が多くなっています。
以前は合同チームでも15人ギリギリということもあったけど、最近では20人が基準になっているんですかね。
怪我とかいろいろ考えるとやっぱりその方が安心。
花園予選より増えているのは3年生が抜けたからで、春より増えているのは1年生と3年生の人数差??
でもこれは全体の人数ではないですからね。
(そろそろ高体連は登録人数を更新してほしい)

編成人数の詳細はこちら
東京都高校ラグビー合同チーム推移2(H29新人戦)

15人に届きそうなチームも結構あるんですね。
人数多いところ同士が組むと強いね!とすんなりいくわけでもないのが難しいところ。
それぞれにある程度できてしまいますからね、チームになれるか、とかも大事なポイントでしょうね。
でも、、、あと2,3人学校の中にいれば景色が変わる、、、ですよね
他の部やめて持て余している生徒とかもいると思うんだよなぁ。。

とはいえ、ある程度人数いるチームがベースにならないとチームとして戦っていくのは難しいかな
ということも感じます。
時間の制約も多い中で2ヶ月後にはゲームですからね。。
学校行事のタイミングも違うだろうし、何回しっかりと練習できるか、、、

東京都高校ラグビー合同チーム推移1(H29新人戦)

●数字には出てこないけど、、、な課題
今回は合同チーム編成ですが、実際には15人あるいは20人以下のチームも多くあります。
これらのチームの方が怪我などのアクシデントに左右されやすい面もあります。
と、他所事のように言ってられません。

Category: 調べてみました

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

Tag: ラグビー  高校ラグビー  東京都  合同チーム  運動部活動 
tb 0 : cm 0   

中体連登録者数と外部指導者:平成29年度分更新 

公益財団法人日本中学校体育連盟の加盟校調査の今年度版と、
文部科学統計要覧・文部統計要覧を組み合わせて
昨年度までの部活動加入率と今年度の部活動加入者推移を追ってみました。

中学生人口推移(H29)

中体連登録者数推移(H29)

見てわかる通り、中学生人口は男女とも減ってまして、運動部活動加入者数もやはり減っています。
母数が減るわけですからね、これは特に不自然でもない。

部活動加入率でみてみると、、
中体連運動部活動加入率:男女(H29)

このような形で確かに減少してはいるけどずっと右下がり、でもないんですね。
細かい競技の比較はちょっと置いといて(そこまで手が回ってない。。)
中体連では外部指導者の数も公開されています(高体連でもやってほしい、我々が見える形に)
中体連登録外部指導者数(H29)
増えてるんですよね、ずっと。
昨今、部活動顧問を取り巻く負担の話も多く出ますが、改善も進んでいる、
のか、
増えているから出てきている問題もある
のか。
さらに中体連の競技は登録競技と参考競技に分かれているのでそれぞれの推移をみると
中体連登録生徒-外部指導者数:登録競技(H29)

中体連登録生徒-外部指導者数:参考競技(H29)

外部指導者はどちらも増えている。
競技人口が減少しているのは登録競技に多い
ということになります。

これはクラブなどで活動できるようになっていることもあるのかもしれませんね。

外部指導者の中はどんな立場の人がどれくらいいるのか、
どれくらいの頻度で活動しているのか

色々気になる。

【参考資料】
公益財団法人日本中学校体育連盟:加盟校調査
文部科学統計要覧・文部統計要覧:中学校

Category: 調べてみました

Thread: 部活

Janre: 学校・教育

Tag: 運動部活動  外部指導者  中体連   
tb 0 : cm 0   

埼玉高校ラグビーの歴史?と登録者数の推移 

今年度の花その予選、埼玉県も開幕しました。
上位シードは3回戦から、その他のシード校は来週から登場です。

パンフレットに記載されている、出場校の創部年数まとめるとこのような感じに。
埼玉県高校ラグビー創部年代 
最も古かったのは県立浦和高等学校(昭和21年)。
続いて県立熊谷高等学校(昭和22年)、熊谷工業高等学校(昭和23年)、
深谷商業高等学校(昭和24年)、立教新座高等学校(昭和27年)

今回出場している中ではこれらの学校が古いところになります。
表からも一目瞭然ですが、1970年~90年までにかけて30校以上が創部。
最近創部30~40年を迎えたところが多いということですね。
近年も創部している学校があります。
その一方で出場していない学校もあるんだと思います。
この頃の登録データを確認できないのがちょっと残念。

●高体連登録者数
昨年度までの埼玉県の登録校・登録者数(高体連調べ)では
埼玉県高校ラグビー登録校登録者数 

このような感じで、グラフにすると
埼玉県高校ラグビー登録者数 
こんな感じ。
今年、花園予選出場校数は48校。上の数字と比較すると減少傾向にあります。
今年の数字はまだ出ていないので改めて数字が出てから確認してみたいと思います。

【参考資料】
・公益財団法人全国高等学校体育連盟統計資料
・平成29年度学校総合体育大会 第97回全国高等学校ラグビーフットボール埼玉県大会パンフレット


Category: スポーツ

tb 0 : cm 0   

スポーツ合宿地としての北海道、そして函館 

帰省も間もなく終わり。
なじみの場所に足を運んだり、友人・お世話になっている人たちにあったり、
もちろんそれ以外にも用事はあるのだけどあわただしさの無い帰省です。
とはいえ、東京に戻る日が近付いてくると早いなぁ、、と思ってしまう。

前から少し気になっていたり、話題にも出たことはあるけど掲題の件。
合宿地としての北海道
ラグビーでは随分と定着していますが、他のスポーツあるいは自治体ではどうなのか。
函館だって施設は色々あって充分に可能である(課題はもちろんある)のだけど。。

そんな中で北海道新聞に亜細亜大学が釧路で合宿をしたという記事がありました。
記事そのものを載せるのは、、、なので亜細亜大学陸上競技部のBlogから
強化合宿in釧路 第3弾(亜大スポーツより)

ということで調べてみたら
以下の2つがまずヒット。
すぐ出てきたら今まで調べていなかっただけ、、なんだな。

北海道のスポーツ合宿状況 - 国土交通省(2012.3)
株式会社スポーツビジネス研究所がまとめたもののようです。
2010年の実態調査からそのきっかけや費用などについてのアンケート調査を行い、
さらにラグビーでもよく利用している北見・網走を中心とした
オホーツクエリアでの取り組みについてまとまっています。
1つの自治体だけでは色々と制約も出てくるので、
周辺自治体で手を組みながら行っている様子を見ることができます。
挙がっている要望としてはやはりアクセスの問題。
飛行機の料金や現地での「足」の調達
やはり離れているだけにこういったところは大きな課題。
最近聞いた話では「早割」や「特割」などでチケットを押さえて、、、
ということも各チームで行ったりしているそうです。
後は「トレーニング施設の充実」
そういったことを考えるても、何故函館アリーナのトレーニングルームは、、、、

この報告書の中でも
「ワンストップサービスの窓口」の必要性が訴えられています。
スポーツコミッションの存在、やはり必要ですね。

その後どうなっているのだろう?
と思いましたが、
「オホーツクスポーツ合宿総合サイト」
というサイトがありました➡オホーツクスポーツ合宿総合サイト
ここがそれにあたるのかな?

②スポーツ合宿地の検索(北海道文化・スポーツ局スポーツ振興課)
北海道の文化スポーツ局・スポーツ振興課に一覧がありました。
競技毎に施設も整理されていてわかりやすい、、、けど
直接交渉になるんですよね。
①の話と同じように、そこで間に入って色々なことを同時進行で
進めていける役割、必要です。
だって、正直面倒ですもんね。

現実的には旅行代理店の方などが入ってそれを担っているケースもあります。
全てが自治体でコントロールできなくても、そういった民間との繋がりを
上手く利用していったらもっと機会が増えるんじゃないかな。
H27年度調査で延べ270000人が利用している北海道合宿。
スポーツツーリズムという観点からも楽しみは色々。

函館も東京から近いし、便も多い(関西からは少ない、、)。
陸上競技場も第2種公認だし、中でサッカーだってラグビーだってできる。
プロ野球も開催できるし、人工芝のサッカー(ラグビー)グラウンドもある。
ラグビーは天然グラウンドもある(お客さんを入れるにはいろいろ課題あるけど)
函館アリーナも、、導線の問題などはあるけど、、できる。
他にもプールやテニスコートや、、

ここもやはり統合する舵取り、必要なんじゃないかな。
それぞれに頑張っている姿は見えてきます。
でもそれが協調したらもっとできること、生まれる力もある。

写真 2017-09-01 18 13 20 (1) 

写真 2017-09-01 18 11 32

hakodate-arena.jpg 


#合宿 #北海道 #スポーツツーリズム #スポーツコミッション 
#函館アリーナ #千代台公園野球場 #根崎ラグビー場 #函館フットボールパーク
#千代台公園陸上競技場


Category: スポーツ

Tag: スポーツコミッション  合宿  北海道  函館 
tb 0 : cm 0