10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Thinking Circuit

高校ラグビーに関わることの多い生活。グラウンドでのサポートや学校での講義の話などを中心に綴っています。

 

高体連登録人数推移、、、ラグビーは?? 

高体連の加盟校調査が更新されました。
研究にも関連するデータなので、時々チェックしながら待っていました。

今年度の数値含めたグラフがこちら
高体連登録人数推移H15-H29

生徒数の減少がありながらも登録者数はここ数年伸びていたんです。
今年は少し男女とも減少気味かな。
全国規模難でグラフで見る「少し」は随分大きいけど。

この結果に対してラグビーではどうなっているのか、、、
何故ラグビーか?と言われると自分がラグビーに関わっているから。

結果はこの通り。。
高体連ラグビー登録人数H15-H29(2)
グラフで見るとこんな感じ。
高体連ラグビー登録人数H15-H29
登録校数はずっと減っているんですね。
昨年の登録人数増加から向きが変わるかなぁと思ったけど一昨年よりも減少してました。。
今後は2018年問題もあるからさらに減少していく、、、ということになるのか。。

近年気になっていたハンドボールとの差も。。
高体連登録人口ラグビーvsハンドボール
ふと気になったけど、ラグビー登録者数の中に女子も含まれている、、、のか?
そうだとすると男子の人数はもう少し少なくなりますね。

東京都の場合は、、
東京都高体連ラグビー登録校数、登録人数推移H15-H29

東京都高体連ラグビー登録校数、登録人数推移H15-H29(2)

こちらも2年連続増加とはならず。。。
秋大会の時に見られた合同チーム数の減少は各学校での配分が変わったということだったんでしょうかね。
参照:
*追記【調べてみました】減っていることを本当に喜んでいいのか?~H29.東京都高校ラグビー合同チーム編成~

全体的に減っている中で増加している競技もおそらくあると思うので、
これはまた見てみたいと思います。

全体をみながら、まずは目の前のサポート、頑張りたいと思います。

♯高体連 ♯ラグビー人口 ♯東京都



スポンサーサイト

Category: 調べてみました

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

Tag: ラグビー  高校ラグビー  部活動  高体連  運動部活動 
tb 0 : cm 0   

東京都高校ラグビー新人戦合同チーム編成 

まだ花園予選は続いていますが、
東京都高校ラグビーの今年度新人戦合同チーム編成が発表されました。

近年の推移とあわせて検証?

合同チーム数&参加校数
今年度は合同は10チーム。
東京都高校ラグビー合同チーム推移4(H29新人戦)

東京都高校ラグビー合同チーム推移5(H29新人戦)

これだけだと実態はよくわからないですね。

●各チームの編成人数
東京都高校ラグビー合同チーム推移3(H29新人戦)
ここ数年は合同チームの編成人数が多くなっています。
以前は合同チームでも15人ギリギリということもあったけど、最近では20人が基準になっているんですかね。
怪我とかいろいろ考えるとやっぱりその方が安心。
花園予選より増えているのは3年生が抜けたからで、春より増えているのは1年生と3年生の人数差??
でもこれは全体の人数ではないですからね。
(そろそろ高体連は登録人数を更新してほしい)

編成人数の詳細はこちら
東京都高校ラグビー合同チーム推移2(H29新人戦)

15人に届きそうなチームも結構あるんですね。
人数多いところ同士が組むと強いね!とすんなりいくわけでもないのが難しいところ。
それぞれにある程度できてしまいますからね、チームになれるか、とかも大事なポイントでしょうね。
でも、、、あと2,3人学校の中にいれば景色が変わる、、、ですよね
他の部やめて持て余している生徒とかもいると思うんだよなぁ。。

とはいえ、ある程度人数いるチームがベースにならないとチームとして戦っていくのは難しいかな
ということも感じます。
時間の制約も多い中で2ヶ月後にはゲームですからね。。
学校行事のタイミングも違うだろうし、何回しっかりと練習できるか、、、

東京都高校ラグビー合同チーム推移1(H29新人戦)

●数字には出てこないけど、、、な課題
今回は合同チーム編成ですが、実際には15人あるいは20人以下のチームも多くあります。
これらのチームの方が怪我などのアクシデントに左右されやすい面もあります。
と、他所事のように言ってられません。

Category: 調べてみました

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

Tag: ラグビー  高校ラグビー  東京都  合同チーム  運動部活動 
tb 0 : cm 0   

中体連登録者数と外部指導者:平成29年度分更新 

公益財団法人日本中学校体育連盟の加盟校調査の今年度版と、
文部科学統計要覧・文部統計要覧を組み合わせて
昨年度までの部活動加入率と今年度の部活動加入者推移を追ってみました。

中学生人口推移(H29)

中体連登録者数推移(H29)

見てわかる通り、中学生人口は男女とも減ってまして、運動部活動加入者数もやはり減っています。
母数が減るわけですからね、これは特に不自然でもない。

部活動加入率でみてみると、、
中体連運動部活動加入率:男女(H29)

このような形で確かに減少してはいるけどずっと右下がり、でもないんですね。
細かい競技の比較はちょっと置いといて(そこまで手が回ってない。。)
中体連では外部指導者の数も公開されています(高体連でもやってほしい、我々が見える形に)
中体連登録外部指導者数(H29)
増えてるんですよね、ずっと。
昨今、部活動顧問を取り巻く負担の話も多く出ますが、改善も進んでいる、
のか、
増えているから出てきている問題もある
のか。
さらに中体連の競技は登録競技と参考競技に分かれているのでそれぞれの推移をみると
中体連登録生徒-外部指導者数:登録競技(H29)

中体連登録生徒-外部指導者数:参考競技(H29)

外部指導者はどちらも増えている。
競技人口が減少しているのは登録競技に多い
ということになります。

これはクラブなどで活動できるようになっていることもあるのかもしれませんね。

外部指導者の中はどんな立場の人がどれくらいいるのか、
どれくらいの頻度で活動しているのか

色々気になる。

【参考資料】
公益財団法人日本中学校体育連盟:加盟校調査
文部科学統計要覧・文部統計要覧:中学校

Category: 調べてみました

Thread: 部活

Janre: 学校・教育

Tag: 運動部活動  外部指導者  中体連   
tb 0 : cm 0   

部活動指導員は「技術指導者」のみなのか? 

スポーツ庁での「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン作成検討会議(第1回)」配布資料がこちらにUpされてました。
運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン作成検討会議(第1回) 配付資料
3月に策定された第2期スポーツ基本計画では「学校体育」というカテゴリについても
追加されてここに注力するという方針が見えます。
そして4月から制度されるということでニュースにも取り上げられていた「部活動指導員」
この実態はどういうものだろう?と思っていましたがその概要は資料4にありました。

「中学校、高等学校等において、校長の監督を受け、
部活動の技術指導や大会への引率等を行うことを職務とする」
部活動指導員。
校長先生の監督の下に「技術指導に従事する」
となっています。
そうか、やっぱりコーチを対象とするんだなぁと思ったけど

<職 務>
実技指導、安全・障害予防に関する知識・技能の指導、学校外での活動(大会・練習試合等)の引率※3 、用具・
施設の点検・管理、部活動の管理運営(会計管理等)、保護者等への連絡、年間・月間指導計画の作成、生徒
指導に係る対応、事故が発生した場合の現場対応 等


となってます。
今まで顧問の先生が状況によっては全てを担わざるを得なかった職務がそのまま、、、という感じか?
そしてこれらの業務に対する報酬は学校設置者によって規定される、、、、

いくら払うんだろ?
言い方は悪いけど、今までみたいに事故があった時に「外部の人間だから、、、」ともならない
(もちろんそういう話だけではないし、道義的な責任はある)
場合によっては多くの部員を抱える「組織」でもある中で、
普通だったら分業制のはずが一手に受ける形になってしまうのは変わらないんじゃないだろか。
もちろんこの制度によって顧問業務が負担となってしまっている先生は救済されるかもしれない。
でも

救済できるほど人数は配置できるんでしょうか
当事者たちがそれを考える必要はないかもしれないけど違うところに問題が置き換わるだけになってしまわないか。
ほかの項目ももっと読み込む必要はあるけど、、、

そして、いわゆる「トレーナー」に属する人はここには配置されないということなのかな、、、?
もちろんコーチとして安全管理や外傷障害予防については知らなきゃいけない、習得しなければいけないものはあるけど
逆にそれが「ワンオペ」(最近以前よりメディアに出てこなくなった?)に繋がらないかなぁ、、
なんてことも思います。

Category: 運動部活動調査、研究

Thread: 部活

Janre: 学校・教育

Tag: 運動部活動  外部指導者  部活動指導員   
tb 0 : cm 0   

運動部活動指導者に関して行われている調査研究その、、、1? 

学校運動部活動指導者の実態に関する調査報告書(平成 26 年 7 月,公益財団法人日本体育協会指導者育成専門委員会)
◆調査対象
 無作為抽出された中学校600校、全日制高等学校400校
 1校につき運動部活動指導者調査(中学校10部、高等学校15部)と学校単位調査を実施
◆回収率
 指導者調査:中学校65.5%、高等学校72.6%
 学校単位調査:中学校63.8%、高等学校64%
◆調査項目
1.担当教科×現在担当している競技の過去経験の有無
2.<担当教科×現在担当している競技の過去経験の有無>と<指導において最も問題・課題であると感じている項目>との関連
3.実技指導をしない教員が担当している運動部の割合
4.運動部の人員配置
5.日本体育協会公認スポーツ指導者資格の認知度
6.日本体育協会公認スポーツ指導者資格の保有状況
7.本会公認スポーツ指導者資格を保有していない教員の資格取得意向について
8.本会公認スポーツ指導者資格を保有していない教員の<本会資格認知度>別にみた<担当教科×現在担当している競技の過去経験の有無>と<資格取得意向>との関連

◆着目点

「担当教科が保健体育ではない」かつ「現在担当している部活動の競技経験なし」の教員は、
中学校で45.9%、高等学校で40.9%。
上記に該当する教員のうち中学校で39.5%、高等学校で38.3%が、「自分自身の専門的指導力の不足」を課題としている。



平成 26 年度 文部科学省委託研究「学校体育活動における指導の在り方調査研究」
運動部活動の指導・運営と指導者養成に関する調査報告書(平成 27 年 3 月,文教大学)


◆調査対象
 中学校1300校、高等学校700校(どちらも全体の約15%)で各校2名に回答依頼
◆回収率
 55.8%(母数を4000名)
◆調査項目
 下記項目について、
  1)大学で学ばせる必要がどの程度あるか
  2)貴校ではどの程度実現できているか
 2つの観点からの質問に対して5件法での回答を依頼

①担当する運動部のスポーツ種目の基礎的な知識
②生徒の発達段階や成長に応じた指導法
③生徒の性差に応じた指導法
④トレーニング計画を考えたり、指導する際の基礎となる科学的知識
⑤安全管理や事故防止、危機管理の方法
⑥生徒が主体的に自立して取り組む力を育成する指導法
⑦生徒間の人間関係形成やリーダー育成などの集団づくりの方法
⑧厳しい指導と許されない指導の区別
⑨生徒のニーズや意見を反映させた目標と計画
⑩学校組織全体で運動部活動の目標や指導の在り方を考えること
⑪目標や方針等について、保護者や関係者に説明すること
⑫外部指導者等の協力や連携による指導体制の方法
⑬運動部指導の自己点検・評価の方法
⑭指導者の感情コントロールやストレス・マネジメント
⑮指導力向上のために学校内外での研修や研究

◆着目点

【大学で学ばせるべき内容】
肯定的な回答の多い上位3項目は以下であった。
⑤安全管理や事故防止、危機管理の方法
⑧厳しい指導と許されない指導の区別
②生徒の発達段階や成長に応じた指導法

【現場で実現できている程度】
否定的な回答(「1.できていない」「2.あまりできていない」)の多い上位3項目は以下であった。
⑬運動部指導の自己点検・評価の方法
⑫外部指導者等の協力や連携による指導体制の方法
④トレーニング計画を考えたり、指導する際の基礎となる科学的知識

Category: 運動部活動調査、研究

Thread: 部活

Janre: 学校・教育

Tag: 運動部活動  指導者   
tb 0 : cm 0