10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Thinking Circuit

高校ラグビーに関わることの多い生活。グラウンドでのサポートや学校での講義の話などを中心に綴っています。

 

高体連登録人数推移、、、ラグビーは?? 

高体連の加盟校調査が更新されました。
研究にも関連するデータなので、時々チェックしながら待っていました。

今年度の数値含めたグラフがこちら
高体連登録人数推移H15-H29

生徒数の減少がありながらも登録者数はここ数年伸びていたんです。
今年は少し男女とも減少気味かな。
全国規模難でグラフで見る「少し」は随分大きいけど。

この結果に対してラグビーではどうなっているのか、、、
何故ラグビーか?と言われると自分がラグビーに関わっているから。

結果はこの通り。。
高体連ラグビー登録人数H15-H29(2)
グラフで見るとこんな感じ。
高体連ラグビー登録人数H15-H29
登録校数はずっと減っているんですね。
昨年の登録人数増加から向きが変わるかなぁと思ったけど一昨年よりも減少してました。。
今後は2018年問題もあるからさらに減少していく、、、ということになるのか。。

近年気になっていたハンドボールとの差も。。
高体連登録人口ラグビーvsハンドボール
ふと気になったけど、ラグビー登録者数の中に女子も含まれている、、、のか?
そうだとすると男子の人数はもう少し少なくなりますね。

東京都の場合は、、
東京都高体連ラグビー登録校数、登録人数推移H15-H29

東京都高体連ラグビー登録校数、登録人数推移H15-H29(2)

こちらも2年連続増加とはならず。。。
秋大会の時に見られた合同チーム数の減少は各学校での配分が変わったということだったんでしょうかね。
参照:
*追記【調べてみました】減っていることを本当に喜んでいいのか?~H29.東京都高校ラグビー合同チーム編成~

全体的に減っている中で増加している競技もおそらくあると思うので、
これはまた見てみたいと思います。

全体をみながら、まずは目の前のサポート、頑張りたいと思います。

♯高体連 ♯ラグビー人口 ♯東京都



スポンサーサイト

Category: 調べてみました

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

Tag: ラグビー  高校ラグビー  部活動  高体連  運動部活動 
tb 0 : cm 0   

菅平利用団体(ラグビー、サッカー、アメフト)数 

菅平レポート?第2弾。
(一社)菅平高原観光協会 菅平高原旅館組合 さんでは夏合宿に訪れる学校、団体をリスト化しています。
PDF化などはしていないということですが、一覧を購入。
2001年頃、約800チームが訪れていたという菅平は今年度約790チーム。
総数としてはあまり変化がないのかな。
そのうちの半数は高校生で、大学生の運動部・サークルなどは140チーム程度、
残りがRugby Schoolなどになるのでしょう。

リストに載っている宿は全部で47か所。
これはラグビー関係が宿泊しているということなので、菅平の宿泊施設とは別物ですし、
合宿利用しているところ全てでもないですね。

●入山時期
菅平にくる目的の1つに対外試合があると思います。
従って対戦相手に合せるということになると似たカテゴリのチームは同じ時期に集まる。
新藤ら(2003)の報告では以下のような例が示されています。
菅平利用団体の時期的状況 
今年も傾向は同様かな。
近年ではトレーニングメインの合宿を社会人チームが行うケースも多いですが、
今年はスケジュールの関係か少ないかもしれません。
高校生でもトレーニングメインと試合メインで2回訪れるチームもあります。

資料から確認できるグラウンド数は97。
宿によっては多くて5つ所有しているところもあります。
元々はレタス農家が多かった菅平。
ラグビー合宿利用は古くは1931年に遡ります。
最初に利用したのは法政大学。
本格的には1965年以降の日本代表の合宿受け入れが契機となって、増加したとのこと。
過密日程を避けて北海道などに試合をしに行く学校もあります。
これも対戦相手の影響もあるでしょうね。

レタス業の副業としてスキー客の宿泊を受け入れていた中で徐々にラグビー利用も増え、
農家からこういった運営にシフトしているところも多いそうな。

●サッカー
サッカーチームの合宿利用は1990年以降、Jリーグ以降。
2001年には200チーム超え。内訳は高校が半数で残りは社会人チーム。
今年度はサッカーが約210チーム、そのうち高校が130チームほどという傾向になります。

●アメリカンフットボール
かつて関わっていたころはある程度の数の利用があったアメリカンフットボール。
今年度は6チームが利用していました。
大学が5チーム、高校1チーム。

●合宿地の選定方法
押見ら(2012)は合宿地選考の意思決定モデルとして「DAARモデル」を挙げている。
また、合宿地の変更を減少させる要因には
【旅行代理店の真剣さや現地でサポートしてくれる関係者のつながり】
を挙げている。

高校のケースでは顧問の先生が異動になることも多いけど、
宿舎との繋がりで新しい異動先でも同じ宿舎を使うケースも多いですね。
学校でずっと同じ宿、というよりも先生が同じ宿、ということが多いと思います。
それによって練習試合のスケジューリングなど、
調整の部分がスムーズに行っている部分もあるのではないかなと感じます。

さらにいろいろ調べていたら、、、
グラウンドマップがアプリになってる!!


【参考資料】
・菅平高原合宿日程表(サッカー・アメフト)
・菅平高原合宿日程表(ラグビー

*数字は前後する可能性もあります。

Category: 調べてみました

Tag: 高校ラグビー  ラグビー  部活動  合宿  菅平 
tb 0 : cm 0   

菅平トレーニング事情〜トレーニングセンターの建設〜 

今年2度目の菅平です。
合宿に合わせて予定を移動させたので、来てしまうと少し落ち着きます。
スケジュール調整などの面で。

菅平にトレーニングセンターを建設している、という話は先々週も耳にして
工事の様子も少し見ましたが詳細は分からずじまいでしたので探してみました。
どうやらこんな感じのようです↓
ラグビーW杯のキャンプ地誘致事業を成功させるための切り札、でしょうか。
こんな記事も出てますね

これよりも古い資料では芝の質以外にトレーニング施設に対する要望も多く挙がっていたことが明らかになっています。(平成27年11月24日資料より、下図はこちらより引用)
スポーツ合宿地として菅平に求められている施設 
実際に合宿をしていて、トレーニングをメインにしたい時には器具を持っていくこともあったし、
既存の施設だけでは充分に行えないケースも多くありました。
近年ではジムを増設したり、
写真 2017-08-06 18 42 42 
プレハブで建てているところもあります。
写真 2017-08-06 10 39 03 
そんな流れもあるので、大型施設も必然の流れなのかな。
こちらが完成イメージ図のようです。

菅平地区振興施設 
こういった施設ができると、
使いたい時に使えない、、ということも出てくるので 
近隣の施設でも同様の動きは活発になるかもしれません。 
こういったことが原動力になっていく部分もありますね。 
既存のところはさらに改善が必要になるかもしれません。 


 【参考資料】

Category: 調べてみました

Tag: 高校ラグビー  菅平  部活動  合宿 
tb 0 : cm 0   

*追記【調べてみました】減っていることを本当に喜んでいいのか?~H29.東京都高校ラグビー合同チーム編成~ 

インターハイ真っ盛りですが、
東京都の高校ラグビー合同チーム編成が出ました。

H29秋合同チーム編成チーム数

H29秋合同チーム編成参加校数

これまでよりも随分減っていますね。
春から比較すると例年よりも編成チーム・参加校ともに大きく変動しているし、
この記録をまとめ始めた中では一番少ない。

これはラグビー人口増加か!!

と言っていいのだろうか、、、


●必ずしも全員、全員校がエントリーしているわけではない??

実際の状況は
高体連の統計資料や、実際の予選参加校数を見てみないと何とも言えません。
知っている学校で、おそらく15人には満たしていないだろうという学校が入っていないし、
全校強制エントリーではないと思いますので、この数字だけでは何とも言えません。

顧問の先生の異動とか、生徒が試合まではちょっと、、、ということももちろんあると思います。
それ自体が悪い、ではないと思います。
ただ、現実がどうなっているかはわからない。
1つの数字だけでは見えてこないことが沢山あります。

ということで続報?を待ちましょう。
もちろんこれが競技人口の増加ということであったら嬉しいですね。
W杯効果は遅れてやってくる??
それとも次への、、期待?
インターハイ、始まっているのに統計データが更新されてないのはなんか惜しい。
これだけでも色々見えてくるのに。
中にはこの学校が、、?というところもあります。



-- 続きを読む --

Category: 調べてみました

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

Tag: 高校ラグビー  合同チーム  東京都  部活動 
tb 0 : cm 0   

会場に氷を用意できるようにするためには??~対外試合での氷事情(部活)~ 

昨日は1日、屋外で試合観戦。
試合をしている姿も見たことはありましたが、やはり公式戦となると雰囲気も違いますし、
選手の緊張度も違います。
スコアとしては開いたようでも、僅差のせめぎ合いでした。

そんな昨日は猛暑。
予選が行われている高校野球もそうですが、
選手だけでなく観客も当然熱中症の危険にさらされます。

いや、観客の方が危ない。
選手にはウォーターブレイクがあったりするし、暑さ対策なども行っている。
だけど、観客さらには応援に回っているメンバー外となった選手や
運営に携わっている人たちの方がその危険は高い。
そんな時に必携なのが、陽射しを遮るテントや氷。
各校で準備を、、、となるわけですが。

高校生の試合は学校会場も沢山もあるし、先生方の車通勤が制限されているケース、
会場への車での来場を禁止しているケースもあります。

じゃあ、どうやって?
電車で運ぶ?確かにそれも必要ですが、、、
色々な手間や労力を考えると、最終的には
「コンビニでのロックアイス」に行きついてしまうことも多い。
値段もそうだし、機能性を考えても、、そもそも用途が違いますからね。


そんな状況なわけですから、
「会場に業者さんから納入してもらう」
(もちろん費用は当該チームか、連盟や専門部などでの統括

206b3a69fcd1d6eff83d0f8ac21c642d_s.jpg

これ、できないもんなんでしょうかね。
学校に製氷機があっても到底追いつかないし、他の部活動でも活用するわけですからね。
何かあった時のことを考えたら、いや、その何かがないような準備、もっと本腰を入れていかないと
本当に取り返しのつかないことになる。

もちろん、やらないという選択肢もなければいけません。
やらなくてはいけないなら、、、という視点から。

チームとしての取組も大事だけど、環境を用意すること。
実際に何が障壁となるんでしょうか。
そこにお金をかけること、必要です。

繰り返しますけど、その環境でやらないということも忘れてはいけないことです。
写真 2017-07-17 17 40 51

いつもの測定も
「機械が壊れたかな?」とか
自分の温度感覚がどこか行ったんじゃないかと思ってしまった1日でした。
4リットルくらい飲んでも全然トイレに行かなかったですもんね。

対処をお手伝いしてた時に、その学校の生徒さん(元気な)が
「あ、回復体位、この前やったよね」
というのは、おっ! となった瞬間でした。

Category: 部活動

Thread: 部活

Janre: 学校・教育

Tag: 部活動  熱中症   
tb 0 : cm 0