09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

Thinking Circuit

高校ラグビーに関わることの多い生活。グラウンドでのサポートや学校での講義の話などを中心に綴っています。

 

1年経っての成長?変化?? 

「昔のBlogを読んでみた」という去年書いたBlogを読んでみた。
そこまで遡ることはあまりないけど、Facebookの過去記事で目にする。

中身はこちら→「昔のBlogを読んでみた」

1年前も思ったけど、やっぱり偉そうだ。
一回りも昔の話。

今年もこれを読んでみて、また違うことを考える。

「自分にとって自然なことも周りにとっては自然ではない」ということかな。
スタンダードは人によって違う。
それを自分基準だけで考えていると、今年何度も出てきた「良かれと思って、、」の客観的理解にもなってしまうんだろう。

自分が普通だと思っていることは相手にとっては違う。

自分の見えてる景色は他人には見えてない。
これ、ラグビーでもよく言う。
だから自分の見えてる情報を声に出して伝えることが大事、と。
現役時代の自分は苦手でしたね。
それだけで走るスピードも方向転換も、コンタクトの強さも変わる、間違いなく。

逆に自分が特別だと思っていることは意外に周りでもやっていたりする。
今年はそんなことも思います。

来年この記事が出てきて、また読んだらどう思うかな。

d6ebc567569d4c02e87bf9d657de06c0_s.jpg

スポンサーサイト

Category: 考えること

Thread: 日記

Janre: 日記

tb 0 : cm 0   

サポート体制も一緒に、、、 

2日続けて熊谷でのサポート。
コンバインドだけど良く声も出ているし1年生とは思えない雰囲気もありました。
所々でやっぱり1年生だなぁ、、というプレーもあったけど。
20170319154205380.jpg

●体制整備

今日は複数でサポートできたのが安心したしやりやすかったですね。
前に関わらせてもらったプライベートアメフトの体制のように、
高校ラグビーでも試合会場でのサポートなどニーズは高いと思うんです。
どのチームにもメディカルスタッフがいるわけではない、
先生ができたとしても、色々なことに気を回す立場。

誰でもいいわけじゃないし、
その費用が受益者負担ではいけないのか。。。
個別のチーム、だけではなく当日関わるチーム全体で、、、と考えたらまた違ってくるはず。

ボランティアスタッフを活用するならちゃんとその上に統括する人を立てないと。。
(ちゃんとしたボランティアなのかどうか、、も含めて)

会場で同じ立場の方に会えば挨拶もするしネットワークも広がる。
でも、必ずしもそういった人たちに会えるわけでもないんですね。
人の繋がりは当然大事、
ただ、それだけに依存しないで構築するための仕掛けも考えなくてはいけないと改めて思います。

●10時間後に再び浦和
昨日も浦和だったので、今朝浦和を通った時に
『泊まっていたらこの時間まで寝ていられたかぁ』
なんて思ったけど、半端に時間あっても、、、そこの費用対効果考えると
帰って何もしないで寝る方が効率はいいかもしれないですね。

行きはグリーン車に乗ってしまったがタクシーではなくバスで移動。
帰りは森林公園まで送っていただいたのでグリーン車もなし、、、
しかし電車が遅延していて空きっ腹でコンビニ寄ったら
グリーン車くらいの値段を使ってしまいました。
血肉はなっている、、はず。

Category: 考えること

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

Tag: メディカル  サポート体制  ラグビー  先生 
tb 0 : cm 0   

2016ちょっとだけ振り返り 

1ヶ月前くらいも決してのんびりしてたわけではなかったけど、あっという間に過ぎていきました。

基本的には年度区切りなのでなんとも不思議な感じはありますが。
今年は欲張った結果、新しい機会も色々増えていきました。
パーソナルトレーニングでもチームサポートでも新しいクライアントさん。
今までは接点のなかったところにも踏み入れることができて刺激が沢山。

でも一番は進学したことかな。
既知のことへの深みだったり、違う視点からの捉え方。
あと1年で結果をちゃんと出す必要はあるのですが、この時間を大事に満喫していかないと。。
これまでとは違う縁。
睡眠大事にしながら、せっかくだから欲張っていこうと思います。
写真 2016-12-30 21 30 10

今年の書初めで、色々なことを確かめてみたくてこの字を選んだけど、
果たしてどうだったか。
色々なところに迷惑をかけながらですが、それを還元できるように。。。

研究テーマにも関連するけど、
運動部活動指導者について様々なニュースも取り上げられています。
熱中症放置 教員個人が賠償金支払い 部活動指導の事故 異例の重過失認定へ
部活指導に「国家資格」 民間参加、教員負担減も

自分の力だけで何かができるわけじゃないけど、誰かが何かをする時の一助には、、なれるかもしれないし
そうじゃないと学んでいる意義は低くなってしまう。
その上で「その研究、面白いの?」と最初に言われたことも頭に置いていかないといけません。

社団での勉強会もさらに改良しながら、、変わり続けることは変えないように。。
こちらも何か考えていかないとな。


函館は雪が少ないです。
写真 2016-12-29 19 04 44


今年1年も大変お世話になりました。
年賀状は遅めの到着になります。。。まったく手が回らなかった、、、といういつも以上の言い訳

Category: 考えること

tb 0 : cm 0   

【実測】電車の中の温度 

慣れないことに振り回されて忙しい時はすぐわかるけど、
慣れてることで忙しい時には「そういうもん」って感じで気付くのが遅れる、、、
という時期を少し乗り切った気がする。

昨日、積雪もあって気温が低くなってくると毎年付きまとうのが「電車の中が暑い」問題。
昨日も外の気温に対応できるように着込んだら電車ではすぐに暑くなり随分と薄着になってました。
実際に車内の温度はどれくらいになてるんだろう?
という動機

①自宅~最寄駅(都内、6時頃)
写真 2016-11-25 6 02 36
途中で2度くらいになったと思う。まあ寒いけど歩いてたらどうにか。

②電車内(つくばエクスプレス40分乗ったくらい)
写真 2016-11-25 7 12 06
思ったより暑い。暖房は特に入ってなかった気がする。
ちなみに車内は立っている人がまばらなくらい。
これで満員電車だったら。。。。

この辺で満足したんだけど、温度計をそのまま鞄の外につけて少し歩いてたら、写真 2016-11-25 7 45 57
つくばは寒かった。

外と車内で20度くらい違っても恰好が同じってのは大変。
もちろん体には高度な調節能が備わっているわけですが、こういうのを繰り返してたら体調も崩すんじゃないかなぁ。
電車に乗ってる時間が長いとか、満員でコートを脱いだりも難しいとか、そこにいろんな要因が重なってくる。
ますます混雑した電車は避けよう、強く思うのでした。
それが避けて生活できるというのは恵まれていることなんだろうとも思う。
その分睡眠のカバーは必須なんですが、これが難しい。

駅までを移動していると当然運動もするのでそれも加わると自覚的にはかなり暑い。
気温だけじゃなくて自分の体表面近くを測定してみる?
温熱帯が体にまとわりついてるかもしれません。

つくばには週1で来てるけど、鮮やかな黄色は樹上から路上に場所を移してました。
写真 2016-11-25 7 38 36

写真 2016-11-25 7 38 17

写真 2016-11-25 7 37 37

先週はこんな感じ
写真 2016-11-18 7 41 48

写真 2016-11-18 7 41 19


Category: 考えること

Tag: 電車  温度 
tb 0 : cm 0   

ラグビー日本代表戦&スポーツが持っている魅力の伝え方 

ラグビー日本代表vsジョージア代表戦を観戦。
ちょっと前までTMO(テレビジョン・マッチオフィシャル)なんてなかったなぁと思いながら。
そして普段よく目にするテストマッチは環境が整っているんだなぁと改めて思いながら。
日本代表は苦しい場面あったけど、そこでの相手のミスからしっかり得点したり、
連続して攻められている時にはいい形でのトライもありました。
ジョージアは確かに展開ラグビーとしては、、、だったけどスクラムや個々の突破に迫力ありました。
遠征緒戦は勝利、これからにさらに期待です。

≪スポーツの魅力の伝え方≫
金曜はいつも筑波にお邪魔しているのだけど、その中でラグビー関連の授業を1つ聴講させてもらっています。
ラグビーをよく知らない!という学生も多い中で、ラグビーの魅力を伝える授業!と個人的には思っています。

実際のゲームを見ながら解説をしたり質問を受けたり、、、
昨日はついにスクラム体験!!
とはいえ、、さすがに危険なので形だけ。
それでも初めて知ること、感じることは沢山あったようです。

スポーツは非日常の体験がたくさんできるもので、そのレベルも個人で違う。
「バスケットボールを楽しむ」と言ったって、ゲームをやりたい子だけじゃなくて
シュートしているだけで充分な子もいる。
能力や性格的なものも絡んでくるけど、それを1つの尺度で強制していないか?と思うことがあります。
「ゲームしなきゃ楽しくないでしょ?」という言葉、ふるまい。
できる人からしたらそうかもしれないけど。
それを指導する、主導する立場の人がそのスタンスであるのは気をつけなきゃいけない。


スクラム体験の話に戻って、、、
相手もいない中でフッキングをして、後ろにボールを送ってボールが出たら拍手!!
なんて長くラグビーに関わっている中で見たことない!でもそれだけでも楽しめる。
自分たちの基準、自分が関わる競技だからこそ改めて考えなきゃいけないなぁと思います。

7a5e66ac3a54afcd770247c8cd0d98ef_s.jpg


ちなみに授業では色々な仕掛けがされていて、
試合を見る時に全員がビブスを着ます。
ビブスには背番号とポジションが入っていて、試合映像の中で自分がつけている番号の選手を追いかける、、とか。
今回を経て来週の講義でどうなるか、楽しみでもあります。

日本代表戦見終わった後は埼玉県の花園予選準決勝を録画視聴。。
決勝のカードは昨年と同じく
深谷高校vs浦和高校




Category: 考えること

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

Tag: ラグビー  日本代表   
tb 0 : cm 0