05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

Thinking Circuit

高校ラグビーに関わることの多い生活。グラウンドでのサポートや学校での講義の話などを中心に綴っています。

 

二の矢三の矢を放つために 

週末は研修へ。
把握しておきべき背景やプロの技、そして指導力を身を以て体験。
どんなところでも知り合いの知り合いはいるもので、改めて楽しい世界だ。

●ウエイトルームと違う姿
今日は、グラウンドでのトレーニング指導に。
サポート頻度が高くないことから、代々ウエイト係(トレーニングリーダー)を置いていただいている。
普段はウエイトルームでのサポートだけど、今日はグラウンドで。
1年生をグラウンドで見るのは初めて。
やはり雰囲気が変わるし、違う発見も沢山。
これは1年生に限らず、どのチームでもそう。

それをみれるのが楽しい。

写真 2018-05-28 14 33 01


●二の矢、三の矢を放つために
なんにしてもそうだけど、一撃で仕留めることができないものが多い。
チャンスの糸口が見えてもそのままルートがずっと開いているわけじゃない。
色々な策をめぐらせて攻略、そんな話を練習後に部員と少し。

グラウンドでは本能で向かわなければいけないこともある。
だからこそ、事前に策を講じたり共通理解持っている人を増やすこと。
同期して動ける人がいればチャンスも広がるけど、
せっかくのいい動きも同期する人が少なかったからピンチにもなる。

タックルされてもプレーが止まらない競技だからなおさら。
相手はずっと止まっているわけじゃないけど、だからできるチャンスが隠れている。

●ドラマ「ブラックペアン」
テレビで放映されているのを機に再燃した海藤尊さんシリーズへの読書熱。
読んでいなかったシリーズも読むことができたけど、、、
高階先生はあんなにケチョンケチョンに設定される必要はあったのだろうか。。。
そして将来のバチスタシリーズの主要人物である先生方。
せっかく登場させているのに、、、
スポンサーサイト

Category: 考えること

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

Tag: ラグビー  高校ラグビー  部活動  運動部活動  外部指導者  トレーニング 
tb 0 : cm 0   

やっぱり、縁とタイミング 

前期スケジュールでは平日の朝一の仕事がないため、
なかなかのんびりとしたスタート。安定の二度寝。

そのリズムにも慣れてきたので、今日はちょっとした事務作業に使っている
「タミルズ」へ行こうと、ちょっと早めに家を出る。
そんな、電車の中で以前に大学院のゼミでお世話になった先生と偶然再会。
2駅、隣なんだとか。
お話できた時間はわずか5分程度。
贅沢な5分間。

油断しているところを見つかることもあるけど、
目立つ体でよかった。
明日もこれまた研究の関連でお世話になった先生を訪問予定で、
やはりそういうタイミング(研究の方もやりなさいよ)と思わせるに充分な刺激。

昨日はここ3年程行っている、「スポーツのよき相談者」での勉強会に
よく来てくださっている方々の数人と、新宿HUBで。
広く声をかけさせてもらう時もあるけど、今回は個人的都合で。
バックグラウンドが違うのはいつもだけど、
今回は年齢層がはっきり分かれていつもとはまた違う雰囲気。

想定外だったかもしれないけど、学生の方にいい刺激になってたらいいのだが。。
そのタイミングでしかないもの、もちろん全部欲張ることはできないけど、
めぐってきた機会は大事にしたい。
でも、機会を待ってるのももどかしい。だから自分でやればいい、というのも大事。

そんな若者?に負けず、むしろ貪欲な人たちが周りにいるのは
自分にとってはとてもありがたい。
自分よりも上の年齢の方々が貪欲に向き合って、
しかも先生方に厳しく指摘されている様子をみると、
まだまだやらねばという気持ちにさせてくれる。

そういう意味ではそれも2年間の大きな収穫だったかもしれない。

Category: 考えること

Thread: 日記

Janre: 日記

Tag: スポーツのよき相談者  大学院 
tb 0 : cm 0   

1年経っての成長?変化?? 

「昔のBlogを読んでみた」という去年書いたBlogを読んでみた。
そこまで遡ることはあまりないけど、Facebookの過去記事で目にする。

中身はこちら→「昔のBlogを読んでみた」

1年前も思ったけど、やっぱり偉そうだ。
一回りも昔の話。

今年もこれを読んでみて、また違うことを考える。

「自分にとって自然なことも周りにとっては自然ではない」ということかな。
スタンダードは人によって違う。
それを自分基準だけで考えていると、今年何度も出てきた「良かれと思って、、」の客観的理解にもなってしまうんだろう。

自分が普通だと思っていることは相手にとっては違う。

自分の見えてる景色は他人には見えてない。
これ、ラグビーでもよく言う。
だから自分の見えてる情報を声に出して伝えることが大事、と。
現役時代の自分は苦手でしたね。
それだけで走るスピードも方向転換も、コンタクトの強さも変わる、間違いなく。

逆に自分が特別だと思っていることは意外に周りでもやっていたりする。
今年はそんなことも思います。

来年この記事が出てきて、また読んだらどう思うかな。

d6ebc567569d4c02e87bf9d657de06c0_s.jpg

Category: 考えること

Thread: 日記

Janre: 日記

tb 0 : cm 0   

サポート体制も一緒に、、、 

2日続けて熊谷でのサポート。
コンバインドだけど良く声も出ているし1年生とは思えない雰囲気もありました。
所々でやっぱり1年生だなぁ、、というプレーもあったけど。
20170319154205380.jpg

●体制整備

今日は複数でサポートできたのが安心したしやりやすかったですね。
前に関わらせてもらったプライベートアメフトの体制のように、
高校ラグビーでも試合会場でのサポートなどニーズは高いと思うんです。
どのチームにもメディカルスタッフがいるわけではない、
先生ができたとしても、色々なことに気を回す立場。

誰でもいいわけじゃないし、
その費用が受益者負担ではいけないのか。。。
個別のチーム、だけではなく当日関わるチーム全体で、、、と考えたらまた違ってくるはず。

ボランティアスタッフを活用するならちゃんとその上に統括する人を立てないと。。
(ちゃんとしたボランティアなのかどうか、、も含めて)

会場で同じ立場の方に会えば挨拶もするしネットワークも広がる。
でも、必ずしもそういった人たちに会えるわけでもないんですね。
人の繋がりは当然大事、
ただ、それだけに依存しないで構築するための仕掛けも考えなくてはいけないと改めて思います。

●10時間後に再び浦和
昨日も浦和だったので、今朝浦和を通った時に
『泊まっていたらこの時間まで寝ていられたかぁ』
なんて思ったけど、半端に時間あっても、、、そこの費用対効果考えると
帰って何もしないで寝る方が効率はいいかもしれないですね。

行きはグリーン車に乗ってしまったがタクシーではなくバスで移動。
帰りは森林公園まで送っていただいたのでグリーン車もなし、、、
しかし電車が遅延していて空きっ腹でコンビニ寄ったら
グリーン車くらいの値段を使ってしまいました。
血肉はなっている、、はず。

Category: 考えること

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

Tag: メディカル  サポート体制  ラグビー  先生 
tb 0 : cm 0   

2016ちょっとだけ振り返り 

1ヶ月前くらいも決してのんびりしてたわけではなかったけど、あっという間に過ぎていきました。

基本的には年度区切りなのでなんとも不思議な感じはありますが。
今年は欲張った結果、新しい機会も色々増えていきました。
パーソナルトレーニングでもチームサポートでも新しいクライアントさん。
今までは接点のなかったところにも踏み入れることができて刺激が沢山。

でも一番は進学したことかな。
既知のことへの深みだったり、違う視点からの捉え方。
あと1年で結果をちゃんと出す必要はあるのですが、この時間を大事に満喫していかないと。。
これまでとは違う縁。
睡眠大事にしながら、せっかくだから欲張っていこうと思います。
写真 2016-12-30 21 30 10

今年の書初めで、色々なことを確かめてみたくてこの字を選んだけど、
果たしてどうだったか。
色々なところに迷惑をかけながらですが、それを還元できるように。。。

研究テーマにも関連するけど、
運動部活動指導者について様々なニュースも取り上げられています。
熱中症放置 教員個人が賠償金支払い 部活動指導の事故 異例の重過失認定へ
部活指導に「国家資格」 民間参加、教員負担減も

自分の力だけで何かができるわけじゃないけど、誰かが何かをする時の一助には、、なれるかもしれないし
そうじゃないと学んでいる意義は低くなってしまう。
その上で「その研究、面白いの?」と最初に言われたことも頭に置いていかないといけません。

社団での勉強会もさらに改良しながら、、変わり続けることは変えないように。。
こちらも何か考えていかないとな。


函館は雪が少ないです。
写真 2016-12-29 19 04 44


今年1年も大変お世話になりました。
年賀状は遅めの到着になります。。。まったく手が回らなかった、、、といういつも以上の言い訳

Category: 考えること

tb 0 : cm 0