06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Thinking Circuit

高校ラグビーに関わることの多い生活。グラウンドでのサポートや学校での講義の話などを中心に綴っています。

 

会場に氷を用意できるようにするためには??~対外試合での氷事情(部活)~ 

昨日は1日、屋外で試合観戦。
試合をしている姿も見たことはありましたが、やはり公式戦となると雰囲気も違いますし、
選手の緊張度も違います。
スコアとしては開いたようでも、僅差のせめぎ合いでした。

そんな昨日は猛暑。
予選が行われている高校野球もそうですが、
選手だけでなく観客も当然熱中症の危険にさらされます。

いや、観客の方が危ない。
選手にはウォーターブレイクがあったりするし、暑さ対策なども行っている。
だけど、観客さらには応援に回っているメンバー外となった選手や
運営に携わっている人たちの方がその危険は高い。
そんな時に必携なのが、陽射しを遮るテントや氷。
各校で準備を、、、となるわけですが。

高校生の試合は学校会場も沢山もあるし、先生方の車通勤が制限されているケース、
会場への車での来場を禁止しているケースもあります。

じゃあ、どうやって?
電車で運ぶ?確かにそれも必要ですが、、、
色々な手間や労力を考えると、最終的には
「コンビニでのロックアイス」に行きついてしまうことも多い。
値段もそうだし、機能性を考えても、、そもそも用途が違いますからね。


そんな状況なわけですから、
「会場に業者さんから納入してもらう」
(もちろん費用は当該チームか、連盟や専門部などでの統括

206b3a69fcd1d6eff83d0f8ac21c642d_s.jpg

これ、できないもんなんでしょうかね。
学校に製氷機があっても到底追いつかないし、他の部活動でも活用するわけですからね。
何かあった時のことを考えたら、いや、その何かがないような準備、もっと本腰を入れていかないと
本当に取り返しのつかないことになる。

もちろん、やらないという選択肢もなければいけません。
やらなくてはいけないなら、、、という視点から。

チームとしての取組も大事だけど、環境を用意すること。
実際に何が障壁となるんでしょうか。
そこにお金をかけること、必要です。

繰り返しますけど、その環境でやらないということも忘れてはいけないことです。
写真 2017-07-17 17 40 51

いつもの測定も
「機械が壊れたかな?」とか
自分の温度感覚がどこか行ったんじゃないかと思ってしまった1日でした。
4リットルくらい飲んでも全然トイレに行かなかったですもんね。

対処をお手伝いしてた時に、その学校の生徒さん(元気な)が
「あ、回復体位、この前やったよね」
というのは、おっ! となった瞬間でした。
スポンサーサイト

Category: 部活動

Thread: 部活

Janre: 学校・教育

Tag: 部活動  熱中症   
tb 0 : cm 0   

高野連(硬式野球)加盟人数減少、という記事から調べてみた 

高野連による人数調査の最新版、全てではないけど一部出ていました。
こちらの記事から→高校野球、硬式部員が1年で6千人減 加盟は4千校割る

年間6000人減少ってラグビーに置き換えたら昨年度登録者の25%くらいに相当するから
改めて規模の違いをまざまざと見せつけられているわけですが。

大々的(なように?)に報道されているからどれくらいのものなのかということで
久々にデータを眺めてみました。
参照元は大元の高野連の部員数統計資料→こちら
これに今回の記事で出ていた数値を平成29年度欄に追加。

高野連(硬式野球)加盟登録人数H29-1

高野連(硬式野球)加盟登録人数H29-2

高野連(硬式野球)加盟登録人数H29-3

確かに1年でこれまでよりも大きく減っているし、これが今後もっと加速するかもしれないけど、、、
もちろんニュースで見る通り、各チーム単体では人数不足であるところもみられますが。。

部活動についての話題は各所で目にするようになりました。
ずっと思うのは、いつまでもすべての学校ですべての運動が自給自足できなくてはいけないのか?
ということは考えます。
合同チームという枠組みも「教育の一環」というならば充分に意義あるものです。
今はまだ「合同」という言葉がマイナスイメージも強いのかもしれないけど。。
拠点型の部活動というのもいいと思うけど。
ただ、そのためには学校間で独自裁量を敷いている部分が懸念材料になるのかもしれないですね。


-- 続きを読む --

Category: 部活動

Thread: 高校野球

Janre: スポーツ

Tag: 高校野球  加盟人数  部活動   
tb 0 : cm 0   

部活動外部指導者の制度化? 

部活指導者の国家資格検討=外部人材を積極活用へ-
こちらの記事が5月6日に出ました。

これは昨年末のこちらのニュースからの進展、ということですね。
部活指導者 国家資格、自民が検討 外部人材登用狙う

記事だけなので詳細はわからないけど、
「地域との連携」という言葉は消えたのかな。。


この春からは「部活動指導員」というポストも設置し、、
したはいいけど、実態はよくわからないまま。
スポーツ庁通知の
学校教育法施行規則の一部を改正する省令の施行について(通知)
をみても、その待遇や立ち位置については学校設置者に委ねられるということでしょうかね。

以下、引用

学校の設置者は,部活動指導員に係る規則等を整備すること。当該規則等には,部活動指導員の身分,任用,職務,勤務形態,報酬や費用弁償,災害補償,服務及び解職に関する事項等必要な事項を定めること。
なお,災害補償については,地方公共団体において部活動指導員を非常勤職員として任用する場合,労働者災害補償保険法(昭和22年法律第50号)第3条第2項により,労働者災害補償保険の適用となることに留意すること。



この色々な制度が現在中学校で3万人近くいる外部指導者に対して適用できるものなのか。。
自治体のサイトを見ても、「部活動指導員」という項目はあまり見当たりませんね。。


国家資格になるということは、、、
どこかの団体が管理するわけですよね。
その管理をする上では当然費用も発生するし、研修とかはどうするんでしょう。
で、資格を取って活動する上での義務を果たした先に得られる権利は、、、なんでしょうね。

まだまだよくわかりません。
部活動の現場では多くの課題が表出していますが、
この話題について教育現場では何か変化があったんでしょうかね。。

Category: 部活動

Thread: 部活

Janre: 学校・教育

Tag: 部活動  外部指導者   
tb 0 : cm 0   

3年生とOB・OGと、、監督~卒業試合~ 

受験を終えて高校卒業した3年生たちの「追い出し試合」
同時に久々にOB・OGと会うことのできる楽しみな機会でもあります。
今年度の3年生は合同チームを編成していた時期もあったので、
その時の先生やメンバーも来てくれました。
写真 2017-03-20 12 28 36

試合の方は「引退してから受験勉強で太るタイプ」だった3年生や
「浪人してたとは思えない」OBの面々の活躍が随所に。
現役も奮闘していましたがもう1つ、もう1つ。
チームを組みかえてからはデカくなった3年生vs OBのぶつかりもありました。
終わった後の3年生チームはみんな疲労困憊ながら充実した表情。
写真 2017-03-20 12 54 36


もう1年受験に向かう者もいれば大学でなんのスポーツをしようか、、という者
まだ進路が決定しないで待ちの状態の者、、、、
色々いるけどグラウンドにも息抜きなどに来てほしいものです。

大学に進学する人たちはラグビーやってほしいですね。
そして、対決なんてシーンが出てきたらなお楽しい。

OB・OGもいつの間にか就職のタイミングだったり就活だったり、あるいは転職などなど、、、
長いこと関わらせていただいているので楽しみも沢山あります。
大阪から駆けつけてくれるなんて男前だ。

最近はあまり試合会場でもお会いできなかった「監督」にもお会いできてほんとにいい時間でした。
OB・OGとの会話は流石のパワーでした。

卒業おめでとう。
もらったTシャツはトレーニングの時に愛用します。
そして保護者の皆さんには本当にお世話になりました。
これからも応援していただきたいです。

Category: 部活動

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

Tag: ラグビー  卒業試合   
tb 0 : cm 0   

【調べてみました】高体連ラグビー登録人数推移4:東京都 

東京都高校ラグビー人口推移を改めて観察。
東京都高体連ラグビー登録校数、登録人数推移H15-H28
例にもれず多少増加するところはあれど減少傾向です。
15%強くらいの減少ですね。

東京都高体連ラグビー登録校数、登録人数推移H15-H28(2)
登録校数はH15と比べて10校の減少、ただそれ以上に合同チームの数やトーナメントの櫓を見ると
花園予選に出場できている数は減っている。
東京都高校ラグビー参加チーム数
ここ6,7年は大きな変化はないけど。
個人的印象ではもっと差があるようにも感じてました。
花園予選の後に新人戦を迎えた時にその差を実数以上に大きくとらえていたのか。
この前の段階のデータを比べてみないと大したことは言えないけど、数字にするのやはり大事。

いずれにしてもW杯効果、というものは局所的にあっても高校レベルではまだ萌芽段階でもないのかもしれません。
スクールなどの増加、を考えると2019年にその波が押し寄せるのか。

ラグビーだけじゃなくてほかの競技とも少し比較を、、、続く

Category: 部活動

Tag: ラグビー  高校ラグビー  高体連  東京都 
tb 0 : cm 0