11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

Thinking Circuit

高校ラグビーに関わることの多い生活。グラウンドでのサポートや学校での講義の話などを中心に綴っています。

 

ラグビーの縁~稲生高校&東海大仰星高校へ~  

出張って言葉にどうも馴染みがないけど、、おそらく出張なんだろう。
27日に三重県立稲生高校ラグビー部にお邪魔しました。

写真 2014-12-28 15 58 19

学芸大ラグビー部の先輩が顧問をされていて、
これまでにも不定期に何度かサポートをさせていただいてます。
前回の様子はこちらから↓
長編で⑧まで続きます。
勉強&栄養合宿①

綺麗な富士山見たい!と思って、山側の窓側席をおさえたのですが、、、
一眠りして起きたらそこはもう平坦な景色で、名古屋目前。
まあ、そんなものです。

今回も午前午後で時間をいただき、トレーニングフォームのチェックや
柔軟性・可動域改善!を多めに取り入れて実施。

柔軟性・可動域改善=ストレッチ ではないのです。
最初はストレッチ、でもいつの間にかトレーニング。
途中で生徒さんも気づいてましたが、そんなことは気にしない。
疲労感があっても動かすとこ動かせば最初より上がってる。

普段から密に接しているわけではないけど、
こういった場で好意的に接してくれてアドバイスを求めてきてくれるのは
普段からの成果だと思います。
トレーニング面を担当されている先生は随分と大きくなってました。

チームが伸びていく中に何か少しでもお手伝いできてたらうれしいですね。

その後大阪に移動したのですが、雨、雨、結構雨。
翌日が不安になりながらも窓の無い部屋なのであっという間に就寝。

翌日は東海大仰星高等学校へ。
天気はなんとか持ってくれました。
「花園」に参加している学校のBチームや、出場叶わなかったチームが集まって
交流戦を行っています。
その2日目にサポートチームが参加しました。

「自分から図々しいくらい出ていかないと何もしてくれない場所」
という先生のお話の通りに。

連合チームということもあって、最初は歯車も気持ちもうまく噛みあってなかったけど、
最後にはいいプレーも見せてくれました。
結果として沢山トライ取られたけど、得るものは色々あったと思う。

「スロースターター」って言葉はもう使わない方がいい。
そういうのは勝ってるとこが使うもの。

ラグビーのレベルもさることながら、
仰星高校の関係者の方、選手・マネージャーの方々のサポート体制、姿勢に
強い感銘を受けました。
もしかしたら最初は言われるがままになのかもしれないけど
挨拶や色々な応対、見事でした。
試合以外にも色々勉強させてもらった1日。
ここでも学芸大ラグビー部の先輩にもお会いしてお話を。
10847820_747181068692273_4240112079229408177_n.jpg


帰りは京都から新幹線。
こちらもあっという間で、新横浜なのに品川だと思い込んで降りようとする始末。
帰ってきてもあっという間に就寝。

起床して大晦日に帰る準備するぞ!と思ったらなんか体がだるい、頭が痛い。
熱は微熱ではあるけど、、、まさか、、、
ということで病院に。
今日の時点ではインフルエンザという診断はつかず。
でも、インフルエンザでない、ではないから帰省は取りやめ。

確率は低くても悪い方が出た場合の影響を考えると。
ということで、今年の正月は東京です。
家でおとなしくしながら(寝ながら?)、色々と整理して振り返ってみたいと思います。
スポンサーサイト

Category: 仕事の話

tb 0 : cm 0   

ブラインドサッカーにほんの少しだけ触れる 

●囲まれた

吉祥寺で飲み会。
色々ハプニング?はあったけど、結果オーライで楽しい会でした。
気付けば自分以外は皆さん治療家さん。
色んな話も聞けますが、そこは飲み会の場。

無理矢理?呼んだ後輩も遅くに来てくれてさらにヒートアップ。
何回目かの忘年会。

●ブラインドサッカーのボールで
10885234_742395342504179_1472518123827756825_n.jpg

前回はサウンドテーブルテニスをアレンジして実施しましたが、
今回はこちらで。
とはいえ、です。
そんなすぐに同じようにはできない。
もちろん競技者としてもだけど、指示者が。
どこまで相手がわかっているか、どういう指示をすべきか。
それは映像でみてるだけでは全然わからないことで。

いくつか簡単なタスクを実施してみるけどそう簡単にできません。
まして対人競技でぶつかる危険性もあるので、今回はこの辺まで。

場所も実施困難であったので、ゴールボールをアレンジして実施。
普段と違う刺激、脳トレです。


●メンテナンス
講義の後に阿佐ヶ谷でメンテナンスしてもらいました。
定期的というほど規則的ではないけど、時々みてもらっています。

ここ最近の仕事量なんかも反映した体の状態で、
久々に鍼打ってもらいました。
過去にデカいダメージを食らったこともあるので、そこまで酷くなる前に。
予防が第一。
そして日々の積み重ね。思っている以上にもっとやらないといけません。

田野鍼灸マッサージ治療院

10424290_742636115813435_6391755984424615602_n.jpg

ビックリするくらい細い建物です。要予約


講義仕事がひと段落したので、今日は遅起きに部屋のレイアウトいじり。
でも眠くて全然進みません、、、

Category: 仕事の話

tb 0 : cm 0   

人に引き寄せられる 

座談会
知人のべぇさん&美香さんが運営するkukuna Bodyでの座談会に参加しました。
互いの意見を尊重しながら、疑問に思ったことなどを質問する、また考える
これまでにも何度か参加させていただいていましたが、今回は久しぶりかな。

座談会の様子はこちらから→「報告:kukuna de 座談会#11」

1つのテーマでじっくりと話を聞き、考えることができたのだけど。
現状では少し馴染みがない情報であっても、切り口というか突破口のヒントは
今持っているものの中にある。
そのことに改めて気付けた時間でもありました。
体は面白い、そして複雑なプロセスの中にあるけどシンプルなこと。

終わってから焼肉。
まさに「美味」でした。

セミナー
日曜日には日本アスレティック医学会主催のセミナーへ。
普段接することの少ない競技や分野の話を聞けて、ちょっと面白い発見ありました。
こちらでもやっぱり同じ。ちゃんと取りだせてつなげられるかどうかなんだよな。

終わってからは忘年会?打ち上げ?
色々な代の方がいて、当時の話やら色々。
エネルギーの溢れてる時間だった。

そんな週末を経て月曜日。
いつも通り講義をし、ドームに行くか帰るか考えてたところにタイミングいい連絡。
そのまま新宿へ。
さむぎょぷさる、チャミスルいただけるようになりました。
「良いお年を~」って同じ方に何度言ってても気にしない。

ここでも近い将来の話や展望を聞いて、やっぱりみんなそういう時期で
そういうタイミングなのかなとちょっと考える。
と、他人事のように言ってるわけにもいかないのでこちらも進めないと。
思う道を進む、進めるように拓く。

食べて飲んで19時。

食べ物やお酒に引き寄せられているようで、人に引き寄せられる
とだけは。



まだまだ続く


Category: 日常

tb 0 : cm 0   

フットボール選手とは、だけではなくて 

サッカー天皇杯決勝が今回は元旦じゃない、ということをやっと知りました。
だから、準決勝とかあんな早い時期にやってたんだよね。
昔は初詣に行って、帰ってきたら年賀状見ながらテレビで観る、という流れだった。
日産自動車、好きでした。


怒涛の1週間ではないけど、いつもより仕事量が多かった1週間。
講義の仕事が倍くらい?準備も倍くらい。
依頼があったとはいえ、自分で組んだこと。

それでも合間にトレーニングもできて、効率よく時間使えた感じはある。
そして疲れてる時に入浴をサボるなというのを身に滲みて再確認。
頭が疲れたまんま、というより脳の活動が高まったままでは眠りが浅い。

週刊TURN OVER で再掲されていたコラムを見て「ウィッシュボーン」
という単語を久々に見る。
色々懐かしくなって色々調べてたら
アメリカンフットボールに関する名言を引用しているサイトに辿りつきました。
アメリカンフットボールに関する名言

その中に以前に接点のあったコーチの方の言葉。
以下、上記サイトから
***
フットボール選手とは、
 スパイクのクリーツに勇気を持ち、
 ヘルメットに希望を託し、
 パッドに誇りを持ち、
 ボールに若さを託します。

また、相手チームから見ればフットボール選手とは、
 カモシカのようなスピードを持ち、
 雄牛のような力を持ち、
 象のような体格を持ち、
 キツネのようなずる賢さを持ち、
 猫のようなすばしっこさを持った者に見えます。

フットボール選手に対して、
 チームメイトはひやかし、
 審判は耐えず罰則を科そうとし、
 学生仲間は応援し、
 少年達は崇拝し、
 コーチは絶えず批判し、
 女子学生はあこがれを持ち、
 OB達はじっとがまんをし、
 母親はケガをしないかと常に心配するものです。

また、OBから見れば現役フットボール選手とは、
 決してまともにキックが蹴れず、
 最後まで決して走ろうとせず、
 決して低いブロックをせず、
 激しいタックルが出来ず、
 荒々しく闘おうとせず、
 決して譲歩しようとせず、
 多く得点出来ず、
 闘争心が全く無いと決めつけるものです。

伴 正憲
『新フットボールファンダメンタル』
より


フットボールに限らず、学生スポーツの色々なものが詰まってる。
そう思います。

今日は知人の方と色々話をして、明日は公式戦のサポートにセミナー。
予定がさらなる予定を呼ぶので、満遍なくというよりはぎっちり詰まった感じと
暇な時期が交互にやってくる。
これは偶然なんじゃなくて自分の意思。
今日の座談会も、明日のセミナーも自分の意思であって、強制されてるわけではないし。

絶対やらなきゃいけないことは必ずやってくる。
だからそれ以外のことは気の向くままに。
とりあえず行ってみても得るものは少ない。

と言いながら本や資料の整理ができてないのが課題。
ということで引っ越すつもりで部屋を整理しよう、そう決めました。

の前に投票行きます。

Category: 日常

tb 0 : cm 0   

サウンドテーブルテニス(STT)をやってみる 

講義の中でサウンドテーブルテニスにチャレンジしてみました。
サウンドテーブルテニス(STT)とは、、、、
視覚障害の方用の卓球で、通常の卓球に比べて
台の形やルールなどにも工夫がされています。

詳しくはこちらから→日本視覚障害者卓球連盟HP http://jatvi.web.fc2.com/

同じ台は用意できないので、通常の卓球台を使用して、
ひとまずネット無しで。

先週映像で紹介もして
今日の講義中にも視覚情報を遮断しての様々な課題を行ってみましたが
やはりやってみるまではその難しさはわからない。
最初は打ち返すどころか、ボールの軌道、位置も把握できない。

ということで、まずは閉眼で台上を転がされたボールのキャッチからスタート
その後、片手キャッチ→ラケットに当てる→打ち返す
といったプロセスを経て
最終的にはゲームを模倣できるくらいまでには到達!

普段当たり前のように得られる情報が入ってこなくなって
頭もフル稼働
勉強の話でいえば生理学とか色んな話に絡めることができるんだけど
ここでは感覚優先。
「難しい!」とか「すごい!」とか、それでいい。
そんなことが強いアンテナになってく。

来週は場所無いんで、できるやり方にアレンジ。

第2弾は場所の確保がまだできてないけど、
これも是非やりたい。
出来る方法にアレンジすることも大事で、必要なことなんだけど
まずは本流を行かないとそこから先が広がらないし、違う方向にだけ進んでしまう。
そこに至るまでのプロセスを考えるのはこちらの仕事。
成功体験も添えてさらに強いアンテナを

Category: 仕事の話

tb 0 : cm 0   

懐かしきもの、場所 

4月には桜が咲き誇る国立の大学通りはこんな色。
朝通ったのが久しぶりだから、余計に澄んだ感じがありました。

写真 2014-12-07 8 31 21
●塩カル
久々に塩カルを撒いている様子に遭遇。
昔は土のグラウンドで建物の影響を受ける環境で関わってたのもあって
冬の朝霜なんかは気にしてたけど、最近あまりなかったなぁ。
写真 2014-12-07 10 15 24


久々に練習相手でスクラムにちょっとだけ入る。
全然合わせだし、靴もアップシューズで組んだといえるものではないけど
ちょっと懐かしさ(1)があり。
ロックの安定感、抜群でした。

●TOKYO BOWL
NSCA JAPANのカンファレンスもありましたが、
時間的に間に合わないのでアミノバイタルフィールドへ。
立命館 vs 法政
写真 2014-12-07 13 56 20

お客さんもかなり入っていて、点数差は開いたけど随所に素晴らしいプレーも沢山。
アメフトからは離れて5年くらいになるけど、
関わってた当時に大学アメフト界で活躍していた選手の名前をコーチ氏名欄で発見し
ちょっと懐かしさ(2)もありましたね。

アメフトを知ったのは中学生の時。
バッファロービルズがSuperBowlに連続で進出していた頃。
サーマントーマス、アンドレ・リード、などなど
エミット・スミス、トロイ・エイクマン、ケン・ノートン、、、、
まあ、ビルズとカウボーイズですね。

●サッカー@味の素スタジアム
そんなアメフトを観に行った時に、
隣の味スタではJ1昇格プレーオフのファイナルが行われることを知ってしまうわけで。
試合開始も15時半あたり。
なので、アメフトを途中まで観てから移動。
駐車場に停まってるバスの数!!
応援団のようです。
写真 2014-12-07 14 52 31


入場者数35504人!
売店では次々食べ物が売り切れになってました。
売店の方も「こんなにお客さんが来てくれるなんて、、、」とうれしい悲鳴をもらしてました。

味スタでサッカー観るのも久しぶり。
同級生にもらったチケットでFC東京のゲームを観に行ったことと
レアルのアジアツアーの時に1試合。
もうかれこれ、、、ということでこれも懐かしい(3)

●サッカー観戦してて気づいた
サッカーではサポーターの応援はもう1つのコンテンツ、というか構成要素になっていて
特に力の入った今日も熱心な応援が90分間途切れることなく続いてました。
自由席ってああいう感じで配置されるんだなぁ、、


自由席の方が安いけど、熱心に応援されてる方が集まる。
指定の方は確かに見やすそう(特に縦のボールの動き)で高い。
何かその辺がバランス取れている気がして。
でも、自由席に陣取っているサポーターの方々はそんな縦のボールの動きもよく見えてる。
そして、当たり前かもしれないけど、テレビと違う視界、臨場感。
テレビとも違う位置だったからだろうな。

そんな自由席は席も空いてなく、立ったまま観戦。
熱戦の末、モンテディオ山形が昇格!

どちらにも色んな想いがあるも
勝利したモンテディオ山形、おめでとうございます!
写真 2014-12-07 17 24 54

色んなシーンがあったけど、この場面が1番印象的でした。
立場とか形式も違うけど優勝争いともまた違う「入替」に関わる部分の懐かしさ(4)もまた。

●西調布駅!!
帰り際、会場整理をしているスタッフを見て昔登録でバイトしていたころを思い出しました。
マイクで交通整理とかもあったなぁ。
味スタ観戦は多くなかったけど、バイトでは何回か来てた。
そんな懐かしさ(5)にも浸りながら西調布へ。
写真 2014-12-07 17 45 58

そこには懐かしさは少なく、綺麗になった駅。
駅だけが新しくなった、と言ってもいいかもしれない。

色んなことを思い出して、再発見に新発見。
さて、2週に渡る講義週間の始まりです。

Category: 考えること

tb 0 : cm 0   

SPORTECその2 

午前中に講義を終えてから2日続けてビックサイトへ。
2日続けてきたのは久しぶり、、、と言ってもイベント参加者としてでなく
イベントの設営&撤去とか、、、、15年前まではいかないけど12,3年前。
今日行われていたような展示会の会場つくったり、バラしたりしてた。

色々と興味のあるセミナーはあったのだけど、満員御礼のものもあり
希望してたものを全て聴くことはできなかったけど、
こちらの商品の説明を→CORECONTROL

講義で扱ってるような内容も多く出てきて、
まるで復習しているような感じになってました。
再確認できたことや発見も色々。
小さい単位ではすぐに手が届く額ではないですが。
原理を知るからアイディアが出る、考える

その後もUESAKAさんのブースでフォースプレートの説明を聞いたり、
サプリメントのブースに、、、
昨日よりも1ヶ所に留まって話を伺ってる時間が長かったかな。

その間にも昨日と同様に久しぶりに会う方や
以前の職場でのつながりや高校、大学の先輩、後輩

そういったことをしていたらあったというまに17時。
1日というか、1回で全てを見るのは難しくなってきました。
不思議と、昨日あまり目に入ってこなかったブースもよく見える。

今日も、なんというか長い付き合いの中とか色々交わしている会話の中で
ある程度の予定調和というか、暗黙の了解ができていることを感じたのでした。

そういったものがなくてもすっと意図が伝わるように準備をしておかないと。
これが1番の収穫かもしれません。

会場にあったウィルチェアーラグビーの告知です。
SPORTS COURTさんのところでガツガツぶつかってました。
写真 2014-12-05 14 12 45

会場出たらこんな景色に。
沢山ヒントと刺激もらった2日間でした。
写真 2014-12-05 17 06 05

Category: 仕事の話

tb 0 : cm 0   

SPORTECその1 

昨日はSPORTEC2014へ
SPORTEC公式サイト


最初の年は隙間も沢山あって、セミナーも会場の一角で行われていたので
ふらっと聞ける感じがあったんですが。
年々出展社数も増えていってる感じがします。

ちょっと早めに行こうと10:30についたら、、、

写真 2014-12-04 10 30 31
並んでる、並んでる、並んでる。。。
いつもは午後からだったのでちょっと驚き。

こういった展示会では自分と同じように色々なものを見に来た同業の方に会えたり、
出展する企業などで活動している方に会うことができたり
といったことがある種恒例のような、それをちょっと楽しみにしている部分もありで。

初日でしたが(初日だから?)色々な方に会えました。


そしてもちろん気になったブースで色々な話を聞く。
特に気になったのは
雷検知システム THUNDER SAFETY
を手掛ける株式会社城山さん
雷が落ちている/落ちた場所
ではなく、放出される電磁波から危険度を判定するというもの。

先日のスポーツセーフティーシンポジウムでも話題に上がりましたが、

雷がどこまで近づいたら避難すべきか
雷がどれだけ離れたら再開すべきか

そのガイドラインはあってもやはり状況によっては裏付けがほしかったりもするし
突発的に来たら回避は難しい。

色々と検討しなきゃいけないことはもちろんあるんだけど、
こういうシステムもあったらいいな、と感じたのでした。

大きなマシンだけじゃなくて、こういったソフトウェアが多くみられるのもこの展示会の特徴かな。
他にも色々なところで話し込んだりしてしまったので、、、、
結局4時間近く滞在してました。
そら、フラフラにもなるわ。

帰り際に昔お世話になった(今も?)会社の社長さんにお会いしたけど
声をかけられて認識するまでに少し時間がかかってしまい、帰ってきたら寝てしまい・・・

充実した時間でした。

まさかの2日連続はあるのか、、、聞いてみたいセミナーもあるので少々迷ってます
(こういう時は大体行く方向に動く)

Category: 仕事の話

tb 0 : cm 0   

第1回スポーツセーフティーシンポジウム 

20時に寝たら3時半に目覚めても全然眠くない!
良い睡眠でした。
そして今から家を出ても間に合う時間に職場最寄駅に到着。
時間は有意義ですsが朝ご飯(軽め)を4時前に食べたせいか、若干小腹が、、、

●第1回スポーツセーフティシンポジウム
NPO法人 スポーツセーフティージャパン 主催の第1回スポーツセーフティシンポジウムへ。

シンポジウム内容はこちらから

アスレティックトレーナーとして活動している方の提言はもちろんですが、
法学や社会学の分野の先生からの指摘には気付かされることも多くありました。
全く知らないことではなくて、なまじ身近にあるもの、また知ってるとおもっているところに把握し切れてないものがある

知らないことを知らないままでいいと思ってることとはまたちょっと違って、
興味もあるけど知ってると思ってるからアクセスが鈍くなること
主観を入り込ませないで考えたらアバウトになること

そんなことを強く感じた。

懇親会でもしばらくご無沙汰してた方と色々なお話ができたり、
同じテーブルだった縁で違う職種の方の意見も伺えたり。

やっぱりまだまだ知らない。

スポーツをしている人は自分を守るために
サポートする側はスポーツをしている人と自分自身も守るために

スポーツではなんとなく黙認されていることも
労働環境で考えたら超えてしまってるものもある(労働時間の話だけではなくて)


懇親会その2(非公式)ではまた全然違う、砕けた話ばかりだったけど
スカッと笑えていい〆に。
あんなノリに付き合ってくれることに感謝です。

fc2blog_201412010606175a4.jpg

*画像はスポーツセーフティージャパン様のトップページより



Category: スポーツ

tb 0 : cm 0