02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

Thinking Circuit

高校ラグビーに関わることの多い生活。グラウンドでのサポートや学校での講義の話などを中心に綴っています。

 

そんな季節〜3年生を送る会、卒部式〜 vol.1 

3月は学校生活の区切りで、卒業式以外にも部活単位でも
3年生を送る会とか卒部式などがあります。
ということで、先週末はそちらに参加させてもらいました。

秋まではトレーニングも沢山して、沢山食べて作り上げた体も、
引退、受験を経て小さくなってる生徒も沢山。
時々逆のパターンもあるけど(自分もそっちのタイプ)

個人のキャパも違うけど、そういう部分でも必死に追い込んでたんだなぁと
感じることもあります。
1年生の頃の体格といえば、、、、
大丈夫かな?と思ってしまうような体つきだったりするわけですからね。

そして、卒業していく3年生の発する言葉はそれぞれの想いが詰まったもので
いいことだけじゃなくて後悔や感謝を言えるのは立派だなぁと思う。
プレーをしてる時とはまた違う姿。

沢山食べさせていただいて、そもそも入部を許可してくれた保護者の皆さんには感謝しかないです。
部活の姿からはわからないことも沢山教えていただきました。
他にも多くの面でのサポート。

「卵が詰まった柳葉魚のようなふくらはぎ」
というお言葉、いただきました笑
大事にしないと。

ラグビーというスポーツの縁に感謝です。

もちろんスポーツだけが全てじゃないし、他でも色々な経験できるけど
少なくとも自分はスポーツに関わっているわけだから、その環境をよくしたい。
部活も同じ。

色々な問題が絡み合ってるけど、できることから。


MGRさんからもらった手紙。
20150331085003fff.jpg

確かに言った、覚えてる。
でももう2年も前の話なんだなぁ。
こんな風に感じてもらって、プレーヤー以外にも何かお手伝いができていたならばとても嬉しいことです。
たまにしか関われない立場だから顧問の先生同様にMGRさんや学生スタッフのサポートは
とても有難いし助かります。


<続>
スポンサーサイト

Category: 仕事の話

tb 0 : cm 0   

タスクフォース会議の議事録からあれこれ考えてみる 

バスケットボール協会の改革を推進するJAPAN2024 TASK FORCE
その議事録がリリースされてました。
「第2回 ジャパン2024タスクフォース会議」の議事録

もちろん主眼はバスケットボールに関わること、でもその中には競技関係なく
色々と考えるべき議題が含まれてるように思います(7~8ページあたり)。

例えば学校部活動に関連する話
保護者の方は学校で先生がやってくれるとお金もかからないし、安心だという
一方、先生方は他の校務の圧迫に繋がってしまうので避けたいと思っている教員もいる。
これは以前からそうなのかもしれない。
でも、色々な環境や情勢の変化がさらにそれを拍車をかけてしまっているところもある。

部活動の位置づけ。
教育の一環と現在はなっているが、平日や休日での活動の扱い、、、などなど。
スポーツの強化、というところに学校部活動が関わっていくなら、これはもうどうにかしなきゃいけない。
他にもJリーグを例としたエリート育成システムなど。
教育の一環であるものと、競技レベルの強化、にどのように道をつけていくのか
そもそも、何のための部活なのか。


この議事録の中でもう一つ印象的だったのは、
ある議題に対して「難しい」と担当の方が回答した中で、
「どこまで相談して難しいと言っているのか」という川渕さんの言葉でしょうか。

結果を出すための取り組みってこういうところなんだよなぁ。
20ページにわたる資料ですが、関係ないと思ってる方も読んでみると色々感じること、得ることが多いと思います。

今、問題として表面に出てきているのはバスケットボール協会、
でも他の競技でだって色々な問題を抱えてる(表面化したものもある)。
身近なところだって表面化してないから見過ごされている(見過ごしてる)ことがある

知人、友人の方々とSNSを通じて色んな意見交換、情報交換ができた最近。
やっぱり考えてるだけじゃ進まないですね。
7e7727cc95e778d90853624a5aeac3b7_s.jpg

色んな意見を頂ける人たちが周りにいることに感謝。
本当に支えられてます。


Category: 考えること

tb 0 : cm 0   

平成27年度東京都ラグビー春季大会組み合わせ 


今日もトレーニング指導でした。
少々時間空いたけど、意欲的に取り組んでた子は
フォームや重量に表れる。
あと、雰囲気にも。


東京都のラグビー春季大会、
高体連ラグビー専門部よりリリースされました。

平成27年度ラグビー東京都春季大会組み合わせ

20150316160305b29.jpg

大きい図はこちらを参照ください。
合同チームはついに「M』までになりました。
38校。
言い換えればそれだけの学校に試合をする機会が与えられた、ということですね。
単独チームは40校。

秋季大会には人数が確保されて単独チームで出場する学校も出てくる。
そして、それらの学校、、、だけじゃないけど、この時期には1年生の勧誘という
公式戦並みに重要な物が控えている。
あるいは学校行事。
勝敗もそうだけど、いい状態で試合に臨めるように。

春季大会、という位置付けは非常に難しいですね。

Category: スポーツ

tb 0 : cm 0   

OBサポート 

1つ前の記事で人数や環境について書きましたが、もう1本。

今日はトレーニング指導ではないけど、テストなどで間隔の空いた学校に。
11月頃から近隣の学校と合同チームで活動しています。
以前にも書いたように、元々合同チームに対してはネガティブな印象もありました。
しかし、自分が関わってるチームだから言うことではないけど、
今はいい状態だと思います。

定期的に練習ができて、色々なサポートを借りながら試合ができている。
それによって、OB同士も交流が深まってる、、、まではわからないけど
それぞれの窮状をサポートしに駆けつけてくれる。

今日もそんな感じで大集合でした。
201503151919109ef.jpg


実践練習、そして実戦練習。
この時間があると課題を教えてくれる。
自分たちだけでそれを探すのは大変。指導者がいても気付きにくい部分もある。

色んな人たちがグラウンドに集う。
大きな力になり、支えになっているはずです。

部活がいきなり完全に地域に移行するというのは簡単ではない。
今日ここに集まった人たちだって、学校という括りだからこそ、だし。

でも、こういう形で拠点になる学校があって、
近隣の学校が複数集まる形になれば。
もちろん先生の異動とかも考えていく必要はあるかもしれないけど。


単独チームでは受けることのできなかった恩恵。
春季大会まであと1ヶ月くらい。
そういう部分もグラウンドでの結果に繋がるようにサポートしたいですね。

参加してるOBも環境はそれぞれ。
受験が終わったばっかりだったり、大学を卒業したり、もう大学での練習があって
それが終わってから駆けつけてくれたり。
一様に息が切れて辛そうでしたがいい笑顔でした。

そんな練習相手としてだけじゃなくて色々な面からの支援。
1年生獲得は至上命題です。
そこにも知恵や力を拝借。

いい環境です。
他でもそうだけど、そういった環境に支えられて活動しています。

Category: 仕事の話

tb 0 : cm 0   

出張トレーニング指導 

出張トレーニング指導、、、って今はがっちりフルタイムサポートしてるわけじゃないので
どこに行っても出張?
まあ、ルーティンじゃないとこ。

赤羽から川越方面へ。
南古谷の学校にお邪魔しました。

昨年の花園予選、そして新人戦でも好成績を収めている学校。
当然その先を狙ってのことになります。
普段サポートしている学校も公式戦で負けてしまった相手。

ジムではなく、グラウンドで

*イメージです **人数は50人弱でした。
822b50d3afa03f91998253a2406ff9cc_s.jpg
photo by photoAC


普段接してない相手だし、勝手の違うトレーニングもあるから戸惑ってる部分もあって
慣れてきたころに終わる、、、というのがクリニック形式の難しいところ。
今回は時間あいたけど、以前やらせてもらった時の生徒もいるので
ところどころやりやすかったですね。
きつかった、という記憶は残っていたようです。

公式戦になれば戦う相手。
でも、もうそんなレベルじゃない交流が頻繁にある。
特に埼玉県は公式戦が多いですね。
その弊害というか難しさもあるけど、
その点、東京はやっぱり少ない。
もちろん人数の問題や先生方のネットワーク、こういうものもあるので
学校によって差が出るから少なくないとこも多いと思うけど。

勝手に宣戦布告?
でも、こういう繋がりも面白いものです。

安全にやるためには体をしっかりつくること、
だけじゃなくてやっぱりラグビーをしっかりやらないと危ない。
コンバインドチームでそれがどれくらいできるのか、
そしてギリギリ人数が揃ってるチームでは、、、

もっと色んな方策、やり方があるはず。
それを改善していかないとどんどん先細る。

やっぱり普段から、せめて土日どちらかでも実践練習やらないと。
土日両方とかじゃなくていいから。
そのための枠組み作り、環境づくり


Category: 仕事の話

tb 0 : cm 0   

活かす、変える、動かす 

時が経てば形も色々変わってく。
「北海道クローズアップ」という番組の再放送、
いわた書店さんの「1万円選書」について、というよりいわたさんについて。
ヒューマンストーリー 「心に響く本を ~ある“本屋の親父”の挑戦~」

自分の強みや思いを活かしていく方法。
形式は違えど自分たちだって同じ。
変わっちゃいけないものもあるけど、変わってかないといけないものも沢山ある。。

そんな番組を見た後に、、、
2015-03-08 13 31 13
そうか、イカ飯も変わっていくか

そしてこういうサービスの展開の仕方もあるよね。
みんなに協力してもらえる体制をつくることも大事。
2015-03-08 11 47 35




ということで?函館帰省中です。
関わってる高校がどちらともテスト期間の週末なので、ぽっかり空いてました。

帰省のたびにご一緒させてもらってる先生と食事。
上の息子さんは春から大学生。
そして下の子もラグビーをやってて、実に詳しい!
トップリーグ情報も沢山知ってる。
これからも楽しみです。

ラグビーの話以外にも、いろいろなことを聞くことができて
やらなきゃいけないこと、やることの意義もいただけたような気がします。


そして、飲むはずだった同級生はインフルエンザ!
まあ、こんなこともある。


今日は市内散策。
ということで帰ってきたらいつも行く八幡坂から始まり、、、
20150308172235b61.jpg

数十年ぶりに函館山へ
ブラキストンライン、懐かしい。
写真 2015-03-08 12 32 16


帰ってきてからは全然運動してないので、函館山〜五稜郭まで徒歩。
これまた久しぶりに高校の前を通ってみた。
120周年、、、在学時に100周年あったなぁ。
あたりまえだけど20年、を感じる
2015-03-08 14 33 42

グラウンドでは野球部が練習してました。
2015-03-08 14 30 43


周辺もいろいろ変っているのだけど、
よくよく考えたら20年も続いてるお店って凄いこと。
悪意はないけど、勝手に残念がってしまう。

2015-03-08 14 39 23




そんな帰省も明日の午前で終わり。
のんびりできた中でいろいろなことを考え整理もできた時間でした。




Category: 日常

tb 0 : cm 0   

君は、奇跡を起こす準備ができているか & ラグビーW杯試合会場 

暖かい日が続いて、洗濯物が捗ります。

先日、WBSで特集されてた「くびにかけるくん」
ヤフーショッピングでは売り切れのようです。
そんなに耳が痛くなるほど長い時間しないのだけど、興味です。

●「君は、奇跡を起こす準備ができているか」
最近少し時間に余裕が出てきたからか、本を手に取る機会が増えてきました。

君は、奇跡を起こす準備ができているか。: 実力以上の結果が出せる人になる66の言葉君は、奇跡を起こす準備ができているか。: 実力以上の結果が出せる人になる66の言葉
(2015/01/27)
千田 琢哉

商品詳細を見る


書いてるとおり66の言葉から構成されてて、それに対する説明が少しついている感じ。
説明そこそこに、書いてあるフレーズを眺めてます。
見るたびに反応する言葉が変わりそうなので、その時の心境や状況が反映されそうです。
事細かなHow toではなくてこれくらいがちょうどいいかもしれない。

本屋で手に取らなければ買わないかな。


●ラグビー2019W杯会場
2019年ラグビーW杯の会場が決まりましたね。
ラグビーワールドカップ2019組織委員会 開催都市決定のお知らせ【組織委員会】

札幌市:札幌ドーム
岩手県・釜石市※:釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)
埼玉県・熊谷市※:熊谷ラグビー場
東京都:新国立競技場
神奈川県・横浜市※:横浜国際総合競技場
静岡県:小笠山総合運動公園エコパスタジアム
愛知県・豊田市※:豊田スタジアム
大阪府・東大阪市※:花園ラグビー場
神戸市:御崎公園球技場
福岡市:東平尾公園博多の森球技場
熊本県・熊本市※:熊本県民総合運動公園陸上競技場
大分県:大分スポーツ公園総合競技場

会場が決まって、それぞれ準備活動が本格スタートでしょうかね。
色々な課題はたくさんある。
そして、19年がピークにならないように。
観るスポーツ、としても成熟していかないといけないですね。



ゴミの収集日を忘れて部屋の掃除をした結果、、、な玄関周辺
という、いつもの悪循環を回避。


Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

共通してても同じじゃない 

なんか内々の感じに誤魔化されそうなので、blogにできるだけ書こうと思った最近。
別に購読者が多いわけではないけど(多分)、誰でも見れるっていう緊張感は忘れないように。
SNSもそれは同じなんですけど。

●企み事?
ソラマチで打ち合わせ?というよりも意見交換??

普段付き合いがあって共通項は色々あっても
それ以外の部分は違うところも当然あるわけで。
その違う部分の活動が共通する部分に反映されてくる。

なので共通しているようであって違う見方をしてる。

そんなところ知れたら面白いですよね。
1つのモノがどうやって見えているか。
どう見えてるかまで押し付けるものではない。


積集合だったり、同じ容器に入ってるけど全然別のモノだったり。

その上で一緒にできることがあったりするわけで。

そんな視点を増やせたらもっと面白い。
そんな場を創っていきたいですね。

同業種の方とはもちろん、共通のキーワードがあるけど違う業種の方。

地に足つけて交流していきたい。
そんな、社会科見学や交流会をやってこうと思います。


ソラマチはすぐ近くなんだけど、スカイツリーのてっぺんはどうにも遠い。
いつもこんな景色ばかり。
写真 2011-05-08 14 41 59




Category: 考えること

tb 0 : cm 0   

税の勉強~確定申告を実践する会~ 

家で飲む珈琲を個装のドリップタイプのものにしてみたら
珈琲飲む量が減った。
嗜好品には習慣性があるし、無意識的に摂ってるものも多い。
本当に飲みたいかどうかはまた何とも言えないところですね。


●税の勉強
「確定申告を実践する会」に参加してきました。
これまでにも申告作業はしてるけど我流の部分が多かったり
疑問が出て色々調べてみてもすっきりした答えはなかなかwebや本には載ってないもので。
でも、丸投げじゃなくて自分でやっときたいというのもある。
963286d3e143832a6fe64d80114fbb05_s.jpg
photo by photoAC

この方法でいいのか、足りないのか
その他もろもろ

やっぱり実際に会話しながら作業を確認できるしそこで疑問に答えてもらえるので
実際の作業量よりも得たものがいっぱいあるんじゃないかな。
やっぱりわかるようになるのは面白い。
今の規模なら任せるほどではないし。

ということでやることはもう少しあって結局期限ギリギリ近くになりそうだけど
課題もはっきりしたのでスッキリしたもんです。
この満足感に浸ってるのが一番危険だけど。。。。。。

そんな税理士福島さんのHPはこちら

個人事業主専門ということを掲げてらっしゃるので
こちらの疑問や質問に対しても類似ケースの例を挙げて説明してもらいました。

Cafeは色々なところに便利だし、落ち着けるけど
自販機とベンチがあれば落ち着けるときもある。
満席のスタバを見てそんなこともちょっと思う日曜日。

Category: 仕事の話

tb 0 : cm 0