07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Thinking Circuit

高校ラグビーに関わることの多い生活。グラウンドでのサポートや学校での講義の話などを中心に綴っています。

 

第95回全国高等学校ラグビーフットボール大会予選 埼玉県&東京都 

高校ラグビーの季節、、、と言っても年中やってますが、いよいよ花園に向けたそれぞれの戦いの始まりです。

埼玉県はこちら。計43チーム、うち単独39校で合同は12校4チーム

平成27年度 第95回全国高等学校ラグビーフットボール大会埼玉県予選組合せ

H27埼玉県予選

そしてこちらは東京都。計60チーム、単独51校、合同は28校9チーム
*今年の春季大会では計52チーム、単独39校、合同は37校13チーム
<第一地区>
第95回 全国高校ラグビ-フットボ-ル大会 平成27年度 全国高校総合体育大会 東京都予選
H27東京(1)

<第二地区>
第95回 全国高校ラグビ-フットボ-ル大会 平成27年度 全国高校総合体育大会 東京都予選
H27東京(2)


いよいよ始まりです。
毎回思うことですけど、いいグラウンドで試合させてあげたい。
この辺も学校部活動と地域のスポーツ施設との課題、でしょうか。

そして東京の方でいうと、春季大会に比べて単独で参加できるようになったチームが12校増加。
つまりまあ、新入生が加わってということなんですね。
他人事ではなくて自分がサポートしてるところもそうだけど。
勿論その中には中学校からの経験者もいるけど、そうではないケースも当然ある。
そして、そういうチームが12チーム増えても参加チームがその分だけ増えるわけではない。
春で引退をしたり、色々な事情がありますね。
ちょっと落ち着いたら色々整理してみよう。
スポンサーサイト

Category: 仕事の話

tb 0 : cm 0   

取りだせて初めて記憶、説明できて初めて整理 

最近色々と考え事をする場面が多くて自分の内から捻り出そうとする作業が多くなっているのですが。
頭の中に貯蔵されている膨大な量のデータをスムーズに取り出すことができないもどかしさ、そんな場面に沢山遭遇してます。
ちゃんと取り出せて初めて記憶。

でも、そんな時に多いのはよそ行きのというか、慣れない視点から無理に考えようとしている時。
自分のフィールドに持ってきたら切り口はいくらでもある。
全く知らない分野の話ではないから。
付け焼き刃ではバレるし、偏ってると思ってても自分の視点から考える。
そのための整理作業と、それを整理する上でも基礎用語、知識は必要。
切り口、糸口を探す作業、ですね。
「スポーツツーリズム」って言われて??となるけど、「夏合宿」となれば色々出てくる。

自分たちが勝負できる環境をつくること、そのためには簡単じゃないけど我慢も必要だし
安易に目に見える成果を焦らないこと。
自分のフィールドに取り込めたらそこで勝負。

そんな話をこの前高校生ラガーに話しました。
同じだなぁ。


捻り出てきたものを頭に浮かべてそこからさらに言語に変換して、、、喋る。
今の仕事がそうだから、じゃないけどやはり喋ると整理される。
さらに聞いてくれる人がさらに発展的な投げかけや違う視点からの考え方を教えてくれる。
そんな知人、先生に恵まれてる事がありがたいですね。
美味しいお酒と魚、肉をいただきながら沢山話した時間はミニプレゼンテーション。

20km競歩と50km競歩,
走る距離で言えばどれくらい違うんでしょう?
20kmの方は世界陸上では残念ながら好成績とはなりませんでしたが、レベル高いですね。


捻り出す時にはもっぱら手書き
20875a73c609ed5d037a3a71f366a1c2_s.jpg
by photo AC

●座談会
先週、自分が関わってる一般社団法人での勉強会(座談会)を行いました。
瞬発力が求められる場所ですね、だから後からもっと突っ込めたなぁとか色々出てくるけど。
どうにか毎月開催してます。

Category: 日常

tb 0 : cm 0   

耳から頑張る  

色々と慌ただしい中でも作業は進む。
でも、考え事はなかなかまとまらない。
僅かな時間でもそこにフォーカスしないとやはり難しい。

ということで、聞き流すくらいの感じで itunes U にある講義やオーディオブックの活用頻度が上がってる最近。
これまでは移動時間に本を読んでることは多かったけど、電車の中ではこれもいいですね。

2015081921460703c.jpg


でもオーディオブックで小説を読むというのにはまだまだ抵抗を感じてしまう。
昔からそうだけど、「登場人物の声」を無意識に設定してしまうからそれにハマらなかった時に全然入ってこない。
著者の意図と離れてる部分も多いんだろうなぁ、なんて思います。


暑さはピークを過ぎたのかな?と思いきやまだまだそんなことは無くて
外で活動してると流す汗の量もなかなかです。
暑さは苦手だけど、その分体が頑張ってくれてます。
選手に水分補給を促す一方で自分でも沢山摂取、、でも練習中はトイレにも行ってない。
汗をかいた服を脱いだ時の爽快感と、服にたまっていた熱量を感じる日々はまだ続きます。

20150819213704a99.jpg

まだまだ気をつけないとね、熱中症。

**
バスケットボールの国際親善試合を観戦に。
知り合い(A)の知り合い(B)は別な知り合い(C)の知り合い(B)
*AさんとCさんは面識なし

活動範囲が限定されればよくあることだけど、こんなところでもかぁという一幕。
世の中面白いもんです。
知らないだけできっとそんなことは沢山起きてる。


こんなことは書けるのに作業は進まない。。。。



Category: 日常

tb 0 : cm 0   

菅平その2、、からの黒部峡谷 

菅平合宿その2も無事に、、?終了しました。
抱える課題はチームによってそれぞれ。
環境も違うので同じようにもいきません。

今回滞在した宿も多くの学校が宿泊していて、年々設備が整っていってるような気がします。
氷の販売に、
写真 2015-08-04 17 52 13

wi-fi整備
写真 2015-08-04 17 53 28

そして毎年目にするこの貼り紙
写真 2015-08-04 20 35 54


合宿で得た成果と課題を持っての下山。
熟成の晩夏へ。
写真 2015-08-07 14 12 04


合宿の後には北陸新幹線の恩恵を受けて黒部へ。
その前に魚津で1泊、魚を堪能。
写真 2015-08-07 18 33 45

写真 2015-08-07 18 35 29

いわゆる黒部ダムについては映像でも見たことがあったけど、黒部峡谷についてはあまり知らなくて。
調べてみて初めて2つの場所が遠いことを知ったくらい。
今回は日程にあまり余裕なかったのでアクセスの良い方を。
トロッコの窓無し車両はまさに自然の冷房でして、自分でも少し肌寒いなと感じるくらい。
でも、景色もあってか心地よい風でした。
写真 2015-08-08 7 49 13

室井滋さんのナレーションも良かったです。

終点の欅平駅から周辺を散策。
写真 2015-08-08 8 08 23

写真 2015-08-08 8 30 09

写真 2015-08-08 8 40 44

途中には作業をしている方もいるし、暗くて足場の悪い道もある。
当然道を譲ったり、互いに声をかけたり。
そんなことが自然にできるのはそういった環境だからなんだろうか。
合宿に帯同しても感じたけど、自然に挨拶ができる環境は気持ちがいい。


トロッコの途中で見かけた空気穴に、冬期歩道。
写真 2015-08-08 8 30 54

写真 2015-08-08 8 32 19

雪崩の起きそうな箇所では冬期間は軌道を撤去するんだとか。
当たり前のように感じてしまうものも多くの人の支えがあって成り立っている。
送電線を通すとか、温泉を送るとか、橋を架けるとか、、、想像できないことだらけ。

そんな中で見た樹木の生育や万年雪、光に映える水の色。
自然を開拓した恩恵を沢山受けていて都合がいいかもしれないけど、こういう景色も残っていってほしいなと思う。
そのために何をすべきか。

写真 2015-08-08 12 33 38

写真 2015-08-08 12 18 36


もっとまわりたかったような、これくらいでちょうどよかったような。

涼しい空気を吸って、東京は暑そうだなぁと思ってたらここ2,3日の涼しさ。
暑くても涼しくても、笑う人もいれば泣く人もいる。

Category: 仕事の話

tb 0 : cm 0   

菅平その1 

菅平から戻ってきました。
戻ってきての仕事はテスト、テスト、テストの採点に成績評価。
写真 2015-07-31 18 07 46

~菅平滞在記~
上田で朝食。
品数が多くて美味しいと評判の上田プラザホテル併設の食堂や、
写真 2015-07-27 9 11 01

ノンビリできそうなRin's Coffee
写真 2015-07-27 9 12 01

なんとどちらも月曜日は休み。。。
これだけが残念。

今回は夜~朝方にかけて雨が降ったものの、練習時間帯にあたることなく日程を消化。
素晴らしい施設でした。
写真 2015-07-27 13 42 56 写真 2015-07-27 12 00 25



写真 2015-07-29 9 59 35

写真 2015-07-29 9 59 45

写真 2015-07-29 9 59 51

アイスバスもあります。
写真 2015-07-29 12 56 58

みんな普段と違う箇所の張りを感じる中で、ケアの方法をアドバイスしたり、怪我人のサポートをしたり。
人工的に設定された状況が新しい適応を生んでくれることを期待ですね。

練習試合では知人の先生方にもお会いできて、ラグビーの縁におおく触れました。

サポート自体はフルではなく、一足先に下山。
帰りも「はくたか」だったので、地ビールを一杯。
写真 2015-07-30 19 35 06

戻ってきて東京の暑さと闘うこと数日、再び入山です。

「昔はよかった」病 パオロ・マッツァリーノ
写真 2015-07-27 9 19 06

以下、引用

自分はミストサウナやウォークインクローゼットが完備されたぴかぴかの新築マンションに住んでるくせに、他人にはすきま風の入るボロ家にいつまでも住み続けてほしいと願っているんですよ。


「隣の芝は青い」というのと同じくらい、つい口が出てしまう「昔はよかった」
今受けてる恩恵は忘れて(気付かず)、満たされないことだけ取り上げてしまう。

昔住んでいた街並みが変わりゆくのを見て、変わらないでほしいと思うこともその一端かもしれない。
全てがそうではないけど、忘れてはいけない視点。
ヒトの記憶もどんどん変わっていく、都合いいように変わる部分もある。

Category: 仕事の話

tb 0 : cm 0