02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

Thinking Circuit

高校ラグビーに関わることの多い生活。グラウンドでのサポートや学校での講義の話などを中心に綴っています。

 

刺激と適応 

合宿サポート。
学校生活や練習時間以外はそれぞれの生活スタイルがあるので、
普段から合宿所生活などでなければ不自由に感じるけど、
それでもその中から生まれてくるものもあります。

合宿をやる目的は時期によっても様々だけど、
共通して言えることは1つの刺激。
試される場であり、確認する場でもある。

他の部員と一緒に食事すると自分が食べている方なのかどうか確認できる
いつもよりタイトな環境の中で、良い状態を保つために自分の知恵や蓄積が試される
普段やってる取り組みの凝縮版

その刺激に対する適応。
合宿だけ頑張って乗り切った、となっても続かなければ伸びていかない。
耐えられる刺激であることも当然大事。
そこのギリギリ加減が難しいところ、、強度といっても色々です。
身体への直接的な負荷、思考の部分への負荷、対人関係の負荷、、、

この合宿でも保護者の方やOB・OGの方のサポートもあり本当に有難いことです。
だから期待に応える責任がある、、、というよりも期待に応える権利がある、の方がなんとなくいいと思う最近。
そう思うのは【Response】という捉え方になってないからなのかなぁとも思います。
それはさておき、期待は相手がしてくれるもの。期待されなきゃ応えられないし、
そこがゴールではないことも多い。

刺激に対して長期的な適応を図っていくのがこれから。
成熟していくには時間も必要です。

雨が降るかもしれないということで荷物は多めでしたが出番無し。
行き帰りに運ぶだけなんで、大した問題じゃないですね。
降った方が色々大変。
朝のトレーニングも良い状態でした。

合宿中に春が進んだなぁ、、っていうほどの期間でもないし、違う場所にいたわけではないけど。。
桜の写真はよく見るので違う色はインパクトもある。
20160330133100de6.jpeg

清々しい朝(トレーニングしている方はそう思ってない、、かもしれない)
20160330133059372.jpeg

スポンサーサイト

Category: 仕事の話

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

tb 0 : cm 0   

「何かにぶつかってからどれだけ歩けるか」〜 卒部式、3年生を送る会〜 

卒業試合、卒部式3送会、、、、
色々な名前があるけど部活をしていた3年性が卒業式を経て行われるイベント。
入部の話を聞くと「ラグビーやりたかった!」って人は決して多くなくて、
色々な要因が重なってそこに至ったケースが多いのを改めて感じます。

現役部員やOB、保護者の方を前にしてスピーチをすること、また感謝を述べること
気恥ずかしさも沢山あるけどみんなそれぞれの言葉で語ってくれるので伝わってくる。
グラウンドで見た姿とはまた違う一面。


「何かにぶつかってからどれだけ歩けるか」

そんな卒業していく生徒からの言葉。
単なる言葉ではなくて、発した部員の苦しんだ様子なども見えるから余計響く。
負けないようにしないと。


他のみんなも、謙遜しながらもうまく喋る。
今関わっているところはどこも受験というものもついてくるけど、
最後まで続けたことの充実感がつたわってくる。

その時間を共有できたことは大きな財産です。
当時の失敗はだんだん笑い話にもなっていく。
これからは気楽にグラウンドにきてほしいですね。

沢山のご飯を食べさせてくれて、色々なことに理解を示してくださった保護者の方には本当に感謝しかありません。
それがなかったら何も始まらない。
自宅でも沢山の苦情(?)を聞いてくれたことと思います。

生徒からあるいは卒業生からいただきました。

20160328142205ceb.jpeg

20160328142205612.jpeg


息つく間もなく今度は新入生を迎える時期です。
1ヶ月後、どんな状態になってるだろう。

Category: 仕事の話

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

Tag: 卒部式  3年生を送る会  3送会   
tb 0 : cm 0   

主観を大事にする 

気付けば長い付き合いになってきている、知人の勝原君に誘われて共に運営に携わらせてもらっている
社団法人での月に1度(今のところ)の勉強会。

勉強会と言っても資料を眺めながら話を聴くのではなく、
座談会形式で多くのディスカッションをする形になっています。
「知見を交流させる場」というのが狙いであり、自分がやりたいこと。
もちろんどれだけの知識を持っているかも問われるけど、持論を展開する方法や
他の参加者の会話に加わる、途中で止めても深く聴いてみる、、、
色々な要素が盛り沢山。
テーマを決めてもそこから思わぬ展開に広がることもあれば、
予想できなかった深部に話が入り込んでいくこともあります。
もちろんあまり広がらないことも、、、、

色々なものが混ざり合って最後に「主観」という形で出てくるもの。
情報を解釈して編集する力、

そして、他者に聴いてみる・自分がうまくいってない部分をさらけ出す、ある意味勇気。
そういったことに価値を持っていける場でありたいなぁと考えています。
201603251409598a1.jpeg



昨日で今年度10回目。
テーマは「メンタルマネジメント」
この言葉の使い方が正しいかどうか、、ちょっと自信はないけど。
自分の中で警報がガンガンなっている状態ではもう何かをためらったり、
余計なことを考えている暇はなくてやるしかない。

その前の段階、今日じゃなくてもいいかもしれない、でもこのタイミングを逃すと嫌な予感がする
などの時に何かに着手すべきか否か、こんな時に(自分の)メンタル面に負荷がかかっているという話を聞いて
「メンタル」って言葉を使う時にはちょっと苦手だったり、1歩鈍らせてしまうような刺激と捉えてしまうものに相対しているときなのかなと考えてみたり。

1つの方向性や解釈は出るけど絶対的な答えがすぐに出ない、
でも考えていくと色々出てくる。
そんな形式の勉強会を今後も続けていきたいなと考えています。

一般社団法人「スポーツのよき相談者」でのこのような活動を通して
スポーツと人を様々な部分で繋ぐことができていったら、
大々的に行われている施策とは別の部分でスポーツの価値はもっと上がって行くのではないかなと考える日々です。

話を聴くのは楽しい、それに自分の意見をぶつけて新たな見解が見えたりしたらもっと楽しい。
そういう部分で忌憚なく意見をぶつけてくれる知人がいることはありがたいことです。

Category: 雑談MTG

Tag: スポーツのよき相談者   
tb 0 : cm 0   

【調べてみました】U18とフル代表でのサイズの違いは? 

乗換案内の指示する電車より1本前がある!と急いで乗り換えたら快速で(降りたい駅は各停)、
トレーニングサポート終わりに何故か大宮方面行のホームで埼京線を待つ武蔵浦和駅(行きたいのは吉祥寺)。
電車とのめぐり合わせ、というより不注意の連続な1日でした。

しかし、肉塊の誘惑には勝った。


競技間の体格比較3回目、ひとまず?区切りにしておこうと思います。
フル代表(競技によってはA代表とも呼ぶ)の体格をまとめてみたけど、今回はU18年代。
一般的には身長も安定してきている年代にあたります。
いつも通りデータ元は
バスケットボール男子女子
サッカー男子女子
ハンドボール男子・女子
バレーボール男子女子
ラグビー(今回は15人制):男子女子

そうか、リンクはこうやってまとめておけば長い表記にならなかったな。。
データ元は前年のモノだったり、必ずしも全員が代表でない(候補者含む)などあるのですが、、、
web上で調べた中で確認できたものということで。一応の目安にはなると思います。

データがこちら。
・男子
U18男子競技間比較①身長
U18男子競技間比較②体重
U18男子競技間体格比較③BMI

・女子
U18女子競技間体格比較①身長
U18女子競技間体格比較②体重
U18女子競技間体格比較③BMI

これをトップカテゴリと比較すると、
男子
男子フル代表-U18体格比較

女子はこちら
女子フル代表-U18体格比較

年代的に考えても体重については差がある競技が多いですね。
ウエイトトレーニングをここから本格的に始めるという選手が多いのか、、、果たして。
競技によって当然大きな選手もいれば小さな選手もいてポジション関係なく集計しているけど、
目安となるような数値傾向は出てくるんじゃないかなと思います。

また、BMIは身長の影響も当然ながら受けるので、
女子バレーのような傾向を示しているからと言って、、ということも言える。

もちろん!体組成を細かく考慮できませんのであくまで身長と体重から。
競技によってこの間に大学生というカテゴリも入ってくるわけです。
ユニバ代表、となったらどのような傾向になるのか、、、区切りがつけられないかもしれない。。。

こういうデータは協会が主導でやってくれたらいいのに、とはよく思います。
個人名はあげる必要ないけど、1つの大きな目安になると思うんだよな。
トレーニング測定についてだって、動画の活用とかでフォームの差異などは減らせる。
「SQ〇○kg!」は範囲が広い。もちろんそれだけでも有用な情報ではあるんですけどね。
もちろんあるところにはあるんだろうけど、それを公開してはもらえないかなぁといつも思うのです。
どうにかならないもんでしょうか。。

Category: 調べてみました

Thread: 女子アスリート

Janre: スポーツ

Tag: U18  バスケットボール  ラグビー  ハンドボール  サッカー  バレーボール 
tb 0 : cm 0   

東京都高校ラグビー春季大会 

東京都の高校ラグビー春季大会組み合わせ。
こういう組み合わせになるとは。。。あくまで個人的な関わりの範囲なんだけど。

画像は小さいので、詳細はこちらのリンクから。
28年度(2016年度)東京都高校ラグビー春季大会

平成28年度東京都春季大会組み合わせ


色々楽しみでもあり、複雑なところもある。

Category: スポーツ

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

tb 0 : cm 0   

球技(一部の)日本代表チーム(男子)の体格ってどれくらい?? 

女子競技での比較に続いて男子競技でも。。。
種目は同じです。
一応特別な防具着用が義務付けられていないもの、、、というのは後付だけど。
データ元はこちら
・バスケットボール→平成28年度男子日本代表チーム 日本代表候補選手 メンバー表
・バレーボール→2015年度全日本男子チーム 選手・監督・スタッフ
・サッカー→2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選 兼 AFCアジアカップUAE2019 予選 シリア代表 対 SAMURAI BLUE(日本代表) 
・ハンドボール
< Asian Men's Qualification for Olympic Games BRAZIL 2016 > << リオ・デ・ジャネイロオリンピック男子アジア予選 >>
・ラグビー
→7人制 リオデジャネイロオリンピック2016に向けた男子セブンズ日本代表スコッド
→15人制 *World Rugby Rugby World Cup15サイトより以前に収集


男子競技別体格比較①身長

男子競技別体格比較②体重

男子競技別体格比較③BMI

男子競技別体格比較身長-bmi分布

これまた色々と面白いですね。

前回の記事で出した女子選手との比較をすると、、
競技別男女間比較(身長)
競技別男女間比較(体重)
競技別男女間比較(BMI)

少し調べると色々な方向に興味がわいてくる。
ラグビーとアメフト、実際どれくらい違うの?(整理中)とか
もちろん日本チームだけの話ではなくて世界のトップレベルで見たらどうなるのか、、
もっと大きい選手だっている、チームの方針だってあるから違う年でみたら別物にもなる。
あくまで1つの時点での、ということで。
ラグビーは7人制と15人制の選手構成が全く別ではないけど、やはり違う競技です。
主観で色々思うところを数字で整理していけたら、かな。

Category: 調べてみました

Tag: バスケットボール  サッカー  ラグビー  ハンドボール  体格   
tb 0 : cm 0   

球技(一部の)日本代表チーム(女子)の体格ってどれくらい?? 

帰省中に女子サッカーのオリンピック予選を見ていて、、、
競技間でどれくらい体格に差があるんだろう?とふと思いました。
サッカーバスケットボールハンドボールバレーボールラグビー(7人制、15人制)
球技をやっている日本チーム女子の比較。

データ元、時期は少しずれるけど以下から。。
サッカー女子サッカーアジア最終予選招集メンバー
バスケットボール第26回FIBA ASIA女子バスケットボール選手権大会 女子日本代表選手
ハンドボール< Asian Women's Qualification for Olympic Games BRAZIL 2016 > << リオデジャネイロ・オリンピックハンドボール競技女子アジア予選 >>
バレーボール2015年度全日本女子チーム 選手・監督・スタッフ
ラグビー
女子日本代表 選手プロフィール
女子セブンズ日本代表選手プロフィール


**各項目とも下から最小値-平均値-最大値の順
女子チーム体格比較(身長)
女子チーム体格比較(体重)
女子チーム体格比較(BMI)
女子チーム比較身長-BMI分布
*いつもの如く手入力ですので諸々ご了承ください。注意はしていますが責任は持てません。

色々と興味深い点もありますね。
もちろん日本人同士の比較ではなく、各競技とも世界との比較をする必要もあると思うけど
意外と横の比較ってないんじゃないかな?というのが起点です。
どう読み解くとかは皆さんにお任せするとして。

男子の方がもっと差が出るかな。
興味はまだまだ尽きません。
こういう作業は発見も多くて、こうやって表に出てる以上に面白い部分もある。

体脂肪率とか筋量とか筋力とか、、、わかれば色々面白いけど測定手法に差があれば検証は難しい。
そういう点では身長-体重というのはシンプルですね。
何kgまで増やす?って時にも1つの目安にはなるんではないかと、1つの目安には。

Category: 調べてみました

Thread: 女子アスリート

Janre: スポーツ

Tag: サッカー  ハンドボール  バレーボール  バスケットボール  ラグビー  女子  日本代表   
tb 0 : cm 0   

函館滞在記 


テスト期間などで休みが取れたので帰省してました。


【何でもあり、な頃】
高校の同級生数人と炉ばた焼きへ。。
炉辺人
20160304154139143.jpeg

卒業して20年、色んなことがそれぞれにあります。

そんなことを話していたら、カウンターで呑んでた方々との輪も広がり、、
「その年齢ならまだまだ何でもありだね」
との言葉をいただきました。
よく学生さんに向けて言うことはあったけど、まだ自分もそっち側だった。。

お店で飼ってるヒメちゃん(犬、13歳)はよく懐いていました。
右の肩甲骨周辺やや凝ってました。

函館は暖かいということだけど、やっぱり夜は寒い。。
同窓会名簿、住所不明者になっていました。。。


翌日は、いつも帰省の度にお世話になっている先生と蕎麦屋さんで。
陣屋三与右衛門
201603051655176eb.jpeg

前十字靱帯手術仲間?もう20年も前のことです。

蕎麦焼酎を蕎麦湯で割る。
ラグビーの現状にこれからの話などなど。
力強いサポートの言葉もいただいて、最初に今後のことを考えた時の感情を思い出した。
3月中にもう一度強く思えてよかった。
急に何かが変わるわけじゃないけど、4月からギア上げていけるように。

さらに翌日夜は函館のみならず札幌や青森などでも活動されている小田さんと情報交換。
これも定例行事にさせてもらいつつあります。
この地で活動されている小田さんのお話、考えるさせられることが色々あります。



【ハコモノ見学】
・函館アリーナ
20160305164558c75.jpeg
トレーニングルームは綺麗ではあるもののだいぶ手狭。。
初回手続きがなく利用できるのは良いことなのか、リスク回避という点では。。
そして見学自由にできない!!これはちょっとなぁ。。
20160305164629a72.jpeg

・函館フットボールパーク
以前の函館市立北高校の跡地につくられた人工芝のグラウンド。
ここ!って拠点ができるのはいいですね。
あとは稼働率。
すぐ近くに天然芝グラウンドもあるのだけど、、、
どちらも観客席が。。。
201603051646003dd.jpeg

20160305164600cbf.jpeg


・新函館北斗駅
渡島大野駅に併設された形で、開業まであと21日。
まだ稼働してないだけじゃなく内装などの整備作業真っ只中。
201603051645576ed.jpeg

20160305164630dbe.jpeg

自宅からだと少々遠いなぁ。。
駅前もレンタカー会社のみ。
大沼などに向かうにはちょうどいい距離。
あとはみんな函館駅に移動、かな。

夜は函館のみならず札幌や青森などでも活動されている小田さんと情報交換。
これも定例行事にさせてもらいつつあります。


【締めのグータラ】
最後はこれ以上ないくらいのグータラ。
雪割り頑張りすぎたのか、いつもと寝る環境がちがうからか、体にも色々反応あります。
来る前から多少いやな感じはあったけど。
リラックスしているときに免疫は亢進する。
体の反応も顕著になってきます。
炎症は大事な反応です。

長いなぁと思っても時間はすぐ過ぎる。
またいつものルーティンに戻ります。

Category: 日常

Thread: 日記

Janre: 日記

Tag: 函館アリーナ  新函館北斗  炉辺人  陣屋三与右衛門   
tb 0 : cm 0   

高校ラグビー調べ【平成28年度東京都高校ラグビー春季大会合同チーム編成】 

高校ラグビー東京都のH28年度春季大会での合同チーム編成が発表になりました。
詳細はこちら→平成28年度 春季大会 合同チ-ム *東京都高体連ラグビー専門部サイトより

これまでの変遷を追ってみるとこちら↓
高校ラグビー東京都合同チーム調べ20160302
新人戦に比べて参加校も編成されるチームも減っています。
今回の合同チームの1チーム当たりの編成数は24.8人(23~28人)
ギリギリになっての怪我人で、、、という人数でないのはこれまでと違う部分かもしれません。
そこを正確に比較できないのが詰めの甘さ、、、
その結果、試合に出られない人が、、ともなりますがそれは致し方ないこと。

毎年思うけど、4月の早々にやらなければいけないというのはとても大変なこと。
学校も新体制のスタート、顧問の先生が変わるところだってある。
勧誘行事、かなりの比重を占めているもの。
上位を争う学校はそういう心配は少ないかもしれないけど。 

もう少し後なら入ってくる1年生が戦力になるかもしれない、、、
でも、この時期だからまだ使えないなぁという風に割り切れる方が安全なのかもしれない。。。

などと、現状ではコントロールできない部分も考えてしまう。


Category: 調べてみました

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

Tag: 東京都  高校ラグビー  合同チーム   
tb 0 : cm 0