10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Thinking Circuit

高校ラグビーに関わることの多い生活。グラウンドでのサポートや学校での講義の話などを中心に綴っています。

 

【調べてみました】高体連ラグビー登録人数推移4:東京都 

東京都高校ラグビー人口推移を改めて観察。
東京都高体連ラグビー登録校数、登録人数推移H15-H28
例にもれず多少増加するところはあれど減少傾向です。
15%強くらいの減少ですね。

東京都高体連ラグビー登録校数、登録人数推移H15-H28(2)
登録校数はH15と比べて10校の減少、ただそれ以上に合同チームの数やトーナメントの櫓を見ると
花園予選に出場できている数は減っている。
東京都高校ラグビー参加チーム数
ここ6,7年は大きな変化はないけど。
個人的印象ではもっと差があるようにも感じてました。
花園予選の後に新人戦を迎えた時にその差を実数以上に大きくとらえていたのか。
この前の段階のデータを比べてみないと大したことは言えないけど、数字にするのやはり大事。

いずれにしてもW杯効果、というものは局所的にあっても高校レベルではまだ萌芽段階でもないのかもしれません。
スクールなどの増加、を考えると2019年にその波が押し寄せるのか。

ラグビーだけじゃなくてほかの競技とも少し比較を、、、続く

スポンサーサイト

Category: 部活動

Tag: ラグビー  高校ラグビー  高体連  東京都 
tb 0 : cm 0   

【調べてみました】高体連ラグビー登録人数推移3:増減比率 

登録校数は減っているが、登録人数は増えている、ただどちらも全国単位では大きな数値ではない?
そして、地域ごとにみてみたけど、、、、というのが前回まで。
各都道府県単位で平成15年と比べてどのくらい変動しているのか、というのが今回なわけです。
平成15年が基準となっているのは高体連のデータが整理されて開示されている1番古い年だから。
この段階でもラグビー人気がピークだったころよりも随分と減っていることが言われていた、と記憶しています。
確かに自分自身が高校生の時の方が関わる範囲の中でも人数は多かった。

そして平成15年は2003年。
トップリーグ開幕の年なんですね。
そうするとトップリーグの開幕が高校ラグビーにどう影響を与えたか、、、というのが見えるかどうか。。

増減率で区分して該当する都道府県の数をカウントしてみました。
高体連ラグビー登録人数増減率(H15-H28)軸ズレ
グラフ上、真ん中に来ているなぁと見えるのだけど
実際には
高体連ラグビー登録人数増減率(H15-H28)1
こうなる。
増えている都道府県は殆どなくて、中には半分近くになっているところもある。
トーナメントの櫓の数も少なくなっているところが多いんじゃないかな。
全体では2割~3割減くらいなのでこの分布はそれを反映していますね。

続く

Category: 部活動

Tag: ラグビー  高校ラグビー  高体連   
tb 0 : cm 0   

【調べてみました】高体連ラグビー登録人数推移2 

昨日に引き続き。。
以前にも挙げていったデータを確認、修正して更新していこうと思います。
地域ごとに分類した増減はこんな感じでした。
高校ラグビー人口推移H27-H28

ラグビーという競技環境の特殊性もあるんでしょうかね。
どの学校にも簡単に配置できない、専門指導者抜きでは活動は難しい。
学校数が少なくなってもラグビー部のある学校に人が集まる、ということもあるかな。
単一都道府県で見ると登録校数が一番多いのは大阪。
登録部員数が一番多いのは東京。

それぞれの地域の平均人数(登録人数÷登録校)でみると
高校ラグビー人口推移2:H27-H28

集中傾向にある地域もはっきり出てくる。

続く

Category: 仕事の話

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

Tag: ラグビー  高校ラグビー  高体連 
tb 0 : cm 0   

【調べてみました】高体連ラグビー登録人数推移H15-H28 その1 

高体連の統計資料が更新されていたのでいつもの集計
平成28年度度(公財)全国高等学校体育連盟 加盟・登録状況【全日制+定通制】よりラグビーを抜粋

高体連ラグビー登録校数・登録人数推移H15-H28高体連ラグビー登録校数、登録人数推移表H15-H28

比較をすると増減あるがあまり差はない、ということになるんだろうか。
統計的な話はさておき、主観で。
でも、増加しているのはいいこと、減っているのは寂しいこと。それは変わらない。

都道府県単位の平均値でで平均値、最大値、最小値を見てみると
高体連ラグビー登録人数(都道府県別)統計値H15-H28

こんなに差がある。
ならしてしまえば平均で23.9人。
平均60人にもなる県があるのか!と思っても学校数は2校。
強豪校に偏ってしまっているんですね。
もっと細かくみていくとそういうことが各所で起きている。

高校生ラグビー人口が1000人を突破しているのは
埼玉・東京・神奈川・愛知・大阪・兵庫・福岡

続く

Category: 部活動

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

Tag: ラグビー  高校ラグビー  ラグビー人口  登録校 
tb 0 : cm 0   

【実測】電車の中の温度 

慣れないことに振り回されて忙しい時はすぐわかるけど、
慣れてることで忙しい時には「そういうもん」って感じで気付くのが遅れる、、、
という時期を少し乗り切った気がする。

昨日、積雪もあって気温が低くなってくると毎年付きまとうのが「電車の中が暑い」問題。
昨日も外の気温に対応できるように着込んだら電車ではすぐに暑くなり随分と薄着になってました。
実際に車内の温度はどれくらいになてるんだろう?
という動機

①自宅~最寄駅(都内、6時頃)
写真 2016-11-25 6 02 36
途中で2度くらいになったと思う。まあ寒いけど歩いてたらどうにか。

②電車内(つくばエクスプレス40分乗ったくらい)
写真 2016-11-25 7 12 06
思ったより暑い。暖房は特に入ってなかった気がする。
ちなみに車内は立っている人がまばらなくらい。
これで満員電車だったら。。。。

この辺で満足したんだけど、温度計をそのまま鞄の外につけて少し歩いてたら、写真 2016-11-25 7 45 57
つくばは寒かった。

外と車内で20度くらい違っても恰好が同じってのは大変。
もちろん体には高度な調節能が備わっているわけですが、こういうのを繰り返してたら体調も崩すんじゃないかなぁ。
電車に乗ってる時間が長いとか、満員でコートを脱いだりも難しいとか、そこにいろんな要因が重なってくる。
ますます混雑した電車は避けよう、強く思うのでした。
それが避けて生活できるというのは恵まれていることなんだろうとも思う。
その分睡眠のカバーは必須なんですが、これが難しい。

駅までを移動していると当然運動もするのでそれも加わると自覚的にはかなり暑い。
気温だけじゃなくて自分の体表面近くを測定してみる?
温熱帯が体にまとわりついてるかもしれません。

つくばには週1で来てるけど、鮮やかな黄色は樹上から路上に場所を移してました。
写真 2016-11-25 7 38 36

写真 2016-11-25 7 38 17

写真 2016-11-25 7 37 37

先週はこんな感じ
写真 2016-11-18 7 41 48

写真 2016-11-18 7 41 19


Category: 考えること

Tag: 電車  温度 
tb 0 : cm 0   

(続き)東京都高校ラグビー新人大会組み合わせと合同チーム 

昨日投稿した記事の続きです。
平成28年度東京都高校ラグビー新人大会組み合わせと合同チーム
新人戦に参加しているチームは54チーム。
これまで合同チームの参加数だけ調べてましたが、全体の参加校も併せて確認してみました。
東京都高校ラグビー参加チーム数
少なくとも、、7年前からこんなに合同チームはあったんだなぁと改めて思います。
やはり自分の関わる範囲で直面しないと気付かないものです。


今年度の東京都合同チーム編成人数はこちら
H28東京都合同チーム編成参加人数
登録人数は25人。15人ではなく、その数に近付ける方が安心。
確かに単独で!という拘りもあると思います。
でも、それに見合う準備が難しかったら怪我のリスクは高くなる。
この辺りは過去の苦い経験も自分の中であるから余計に感じるのかもしれないけど。




Category: スポーツ

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

Tag: 高校ラグビー  合同チーム  東京都 
tb 0 : cm 0   

平成28年度東京都高校ラグビー新人大会組み合わせと合同チーム 

東京都の高校ラグビー新人戦の組み合わせがアップされました。
平成28年度新人戦組み合わせ
詳細はリンクを→平成28年度新人大会組み合わせ

このところアップされたら毎回のようにやっているのが出場チームと合同チーム数のチェック。
今回は合同で9チームを編成、参加している学校は33校。
これまでの合同編成チーム、参加校はこちら↓
H28東京都合同チーム編成(改訂版)


以前よりも合同チームの編成人数は増えているように感じます(1チームあたり20人強)。
以前は合同で17人とかで怪我人が出たら、、、という状況もありました。

全体の人数が今年度はまだ出ていないので何とも言えませんが、今年は200人ほどの高校生ラガーマンが
合同チームという枠組みによって試合出場機会を得た、ということも言えます。
トーナメント全体では54チーム。やっぱり少なくなってる。

そして試合日程にも予測できなかった事態が。。。
勝った場合1週間も空かずに試合があるんですか。。。



Category: スポーツ

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

tb 0 : cm 0   

目の前には、、 

月曜朝はいつものデニーズ。
20161114141156110.jpeg

勘違いで1本遅くはなったけど朝のひと作業終えて専門学校に行こうとお店を出たら。。
昨年度卒業したOBの子が目の前に。
聞けば家がすぐ近くだそうで。
よく今まで会わなかったなぁ、というくらいの近さ。

よくよく考えれば週一で行ってる学校も、
月1でやっている勉強会の会場もどちらも今関わりのある学校から近く。
昨日も保護者の方と話してたらPARCOのすぐ近くということも判明。
2016111414115738e.jpeg

色んな場所に行っているのでよくあることかもしれないけど油断できません。
面白さの1つであることに間違いはないです。


今までよく話してることをアドリブでスッと黒板に描けたのは今年の成果かもしれません。
主題が違うだけでやってることはおなじだもんね。
きっと進学して得られるものってそういうものなんだなと思います。

Category: 日常

tb 0 : cm 0   

ラグビー日本代表戦&スポーツが持っている魅力の伝え方 

ラグビー日本代表vsジョージア代表戦を観戦。
ちょっと前までTMO(テレビジョン・マッチオフィシャル)なんてなかったなぁと思いながら。
そして普段よく目にするテストマッチは環境が整っているんだなぁと改めて思いながら。
日本代表は苦しい場面あったけど、そこでの相手のミスからしっかり得点したり、
連続して攻められている時にはいい形でのトライもありました。
ジョージアは確かに展開ラグビーとしては、、、だったけどスクラムや個々の突破に迫力ありました。
遠征緒戦は勝利、これからにさらに期待です。

≪スポーツの魅力の伝え方≫
金曜はいつも筑波にお邪魔しているのだけど、その中でラグビー関連の授業を1つ聴講させてもらっています。
ラグビーをよく知らない!という学生も多い中で、ラグビーの魅力を伝える授業!と個人的には思っています。

実際のゲームを見ながら解説をしたり質問を受けたり、、、
昨日はついにスクラム体験!!
とはいえ、、さすがに危険なので形だけ。
それでも初めて知ること、感じることは沢山あったようです。

スポーツは非日常の体験がたくさんできるもので、そのレベルも個人で違う。
「バスケットボールを楽しむ」と言ったって、ゲームをやりたい子だけじゃなくて
シュートしているだけで充分な子もいる。
能力や性格的なものも絡んでくるけど、それを1つの尺度で強制していないか?と思うことがあります。
「ゲームしなきゃ楽しくないでしょ?」という言葉、ふるまい。
できる人からしたらそうかもしれないけど。
それを指導する、主導する立場の人がそのスタンスであるのは気をつけなきゃいけない。


スクラム体験の話に戻って、、、
相手もいない中でフッキングをして、後ろにボールを送ってボールが出たら拍手!!
なんて長くラグビーに関わっている中で見たことない!でもそれだけでも楽しめる。
自分たちの基準、自分が関わる競技だからこそ改めて考えなきゃいけないなぁと思います。

7a5e66ac3a54afcd770247c8cd0d98ef_s.jpg


ちなみに授業では色々な仕掛けがされていて、
試合を見る時に全員がビブスを着ます。
ビブスには背番号とポジションが入っていて、試合映像の中で自分がつけている番号の選手を追いかける、、とか。
今回を経て来週の講義でどうなるか、楽しみでもあります。

日本代表戦見終わった後は埼玉県の花園予選準決勝を録画視聴。。
決勝のカードは昨年と同じく
深谷高校vs浦和高校




Category: 考えること

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

Tag: ラグビー  日本代表   
tb 0 : cm 0   

ラグビーマガジン:稲生高校ラグビー部 

掲載から少し時間が空いてしまっているけど、、
今月号のラグビーマガジンの中の「高校物語2016秋」で
三重県の稲生高校が取り上げられていました。
大学の先輩で、当時顧問をされていた先生との繋がりで数回トレーニング指導を行った学校。
先生の異動などで関わりはなくなってしまいましたが、接点のあったところはやはり気になる。
記事の中にはチームの成長過程も描かれていて少し懐かしさも出てきます。

関わった時の記事はこちら↓
東海、関西遠征?(2013/6)
ラグビーの縁~稲生高校&東海大仰星高校へ~


これからもその名前を聞けること、楽しみです。
o0480085412585567032.jpg

一緒になってたトレーニングを全てやっていた先生、さらなるご活躍を期待してます!
(写真は稲生高校ラグビー部blogより)

鶏料理、美味しかったなぁ。
fc2blog_20130624083947f64.jpg

Category: 仕事の話

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

Tag: ラグビー  高校ラグビー  トレーニング  稲生高校 
tb 0 : cm 0   

いい循環 

トレーニングサポート。
同じ学校の中で関わる部活動が増えてきて、立場上トレーニングを指導していくと
トレーニング室を利用する部活動が増える。
とてもいい循環ではある。
時々ちょっと時間帯が重なったり同時に関わりのあるクラブが混在して両方に目が行きがちになることもある。
この流れを受けてトレーニングルームの拡張とかにならないかなぁ、という淡い期待。
トレーニング室の管理者という立場の別なところでの仕事も似たような形式になるんだけど、
距離感なども含めて少し違いはありますね。

写真 2016-11-10 16 53 16


調査書を取りにきたOBと、ウエイトだと知らずにうっかり来てしまった?別なOBと少々雑談。
当時笑えなかったようなことも楽しく話せたりするのもこういった立場ならでは。
ちょっと早く着きすぎたと思ったらいいことありました。

733a1ce32705b41863d986ffca093165_s.jpg


期限が見えてきて作業が進むのは集中力ゆえか、期限を見据えて基準が勝手に下がってるのか。。


Category: 仕事の話

tb 0 : cm 0   

「平尾プロジェクト」の本当の狙い 中央公論 1997 

先日お亡くなりになった平尾誠二さんの名前を冠して立ち上げられた『平尾プロジェクト
そういえば同級生がトライアウト受けてたなぁと思いながら当時掲載されていた記事を1つ読んでみました。

【「平尾プロジェクト」の本当の狙い】
http://ci.nii.ac.jp/naid/40002400864/
(CiNiiへ)
ラグビーにとどまらないスポーツ全体での人材発掘、学校スポーツの在り方。

それから20年が経ってそういった問題が顕在化しているところもある。
残念ながらこのプロジェクトは(おそらく)途中で途切れてしまったけど、
後回しに出来なくなってきている課題、視点も含まれています。
続いていたら全て解決できた、、ではないけど。

今のような成果を残していたタイミングだったらまた違ったんだろうか。
苦しいときに打つ起死回生のための一手、
追い風に乗ってさらに推し進める一手、、

20161109093738aa5.jpeg

Category: スポーツ

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

Tag: ラグビー  平尾プロジェクト  人材発掘   
tb 0 : cm 0