05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

Thinking Circuit

高校ラグビーに関わることの多い生活。グラウンドでのサポートや学校での講義の話などを中心に綴っています。

 

部活動指導員は「技術指導者」のみなのか? 

スポーツ庁での「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン作成検討会議(第1回)」配布資料がこちらにUpされてました。
運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン作成検討会議(第1回) 配付資料
3月に策定された第2期スポーツ基本計画では「学校体育」というカテゴリについても
追加されてここに注力するという方針が見えます。
そして4月から制度されるということでニュースにも取り上げられていた「部活動指導員」
この実態はどういうものだろう?と思っていましたがその概要は資料4にありました。

「中学校、高等学校等において、校長の監督を受け、
部活動の技術指導や大会への引率等を行うことを職務とする」
部活動指導員。
校長先生の監督の下に「技術指導に従事する」
となっています。
そうか、やっぱりコーチを対象とするんだなぁと思ったけど

<職 務>
実技指導、安全・障害予防に関する知識・技能の指導、学校外での活動(大会・練習試合等)の引率※3 、用具・
施設の点検・管理、部活動の管理運営(会計管理等)、保護者等への連絡、年間・月間指導計画の作成、生徒
指導に係る対応、事故が発生した場合の現場対応 等


となってます。
今まで顧問の先生が状況によっては全てを担わざるを得なかった職務がそのまま、、、という感じか?
そしてこれらの業務に対する報酬は学校設置者によって規定される、、、、

いくら払うんだろ?
言い方は悪いけど、今までみたいに事故があった時に「外部の人間だから、、、」ともならない
(もちろんそういう話だけではないし、道義的な責任はある)
場合によっては多くの部員を抱える「組織」でもある中で、
普通だったら分業制のはずが一手に受ける形になってしまうのは変わらないんじゃないだろか。
もちろんこの制度によって顧問業務が負担となってしまっている先生は救済されるかもしれない。
でも

救済できるほど人数は配置できるんでしょうか
当事者たちがそれを考える必要はないかもしれないけど違うところに問題が置き換わるだけになってしまわないか。
ほかの項目ももっと読み込む必要はあるけど、、、

そして、いわゆる「トレーナー」に属する人はここには配置されないということなのかな、、、?
もちろんコーチとして安全管理や外傷障害予防については知らなきゃいけない、習得しなければいけないものはあるけど
逆にそれが「ワンオペ」(最近以前よりメディアに出てこなくなった?)に繋がらないかなぁ、、
なんてことも思います。
スポンサーサイト

Category: 運動部活動調査、研究

Thread: 部活

Janre: 学校・教育

Tag: 運動部活動  外部指導者  部活動指導員   
tb 0 : cm 0