FC2ブログ
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Thinking Circuit

高校ラグビーに関わることの多い生活。グラウンドでのサポートや学校での講義の話などを中心に綴っています。

 

【調べてみました】2016-17 Rugby TopLeague Player Data 

Rugby TopLeagueの公式サイトに試合などのデータもたくさん出るようになってあとから振り返ってみると勝敗だけじゃない部分も色々と検証できるようになっています。
もちろん各チームではこういったデータもあるかもしれないけど、公式サイトで共通の分析の仕方をしたものが公表されるというのはとても大事なことであるように思います。
中身、というよりも外見、いつも通り身長体重を登録データで検証してみました。
公式サイトには選手の身長体重、生年月日もあるのでそれらを使って
データ元はこちら↓
2016-17 チーム一覧

身長
topleague身長

体重
topleague体重

BMI
topleague BMI

身長体重分布
topleague身長‐体重

ポジション関係なく一括で分析しています。
身長と体重は一定の傾向がありそうな、、、と思うけど同じ身長でも体重では40kgくらいの範囲がありますからね。
グラフを縦横入れ替えてみると、、、

topleague体重‐身長
こうなる。
細かい考察?というより興味はまた今度に。
これくらいなら頭の体操にちょうどいいかな。

最近はBL(バックロー)やUTB(ユーティリティー・バックス)といった表記も出てきましたね。
また、複数ポジションできる選手もいるけど、FWD/BKS両方が登録されているのはパナソニックの布巻選手のみでした。
http://www.top-league.jp/player/profile/2016/profile218471.html

前節通算150試合出場!を果たした大野選手、以前はWTBもされていましたね。
おそらく当時はかなりの大型WTBだったと思いますが、今はそういった選手もたくさん日本に来てますね。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 調べてみました

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

Tag: ラグビー  トップリーグ  身長  体重  BMI  Top  league 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://thcircuit.blog.fc2.com/tb.php/375-5ec6afc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)