04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

Thinking Circuit

高校ラグビーに関わることの多い生活。グラウンドでのサポートや学校での講義の話などを中心に綴っています。

 

13年前とも比べてみた~①Rugby TopLeague登録選手の推移 

トップリーグ創設年度のデータもあわせて比べてみましたその①
登録人数は毎年異なるし、ラグビートップリーグは過去にチーム数が増えたタイミングが2度あります。
2006‐2007シーズンに12チーム→14チームへ、
2013‐2014シーズンに14チーム→16チームへ
従って初年度と今年度では登録人数でも250人以上異なるので割合で算出。
全体の散布図はこちら。
それぞれの軸の書式設定は合わせています。
【身長体重】topleague data2003,2010,2014,2016

体重の分布。
【体重分布】topleague data2003,2010,2014,2016
初年度は100kgに満たない選手が全体の7割を超えていたけど、現在では半数強。
確実に重くなっているということなんですね。
グラフは載せていないけど、身長は大きく変わっていない。
となると、やはり大型選手の発掘は日本ラグビーの発展にとって必須の課題、、どの競技でもそうか。


スポンサーサイト

Category: 調べてみました

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

Tag: トップリーグ  ラグビー  TopLeague  Rugby   
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://thcircuit.blog.fc2.com/tb.php/381-04955e03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)