02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

Thinking Circuit

高校ラグビーに関わることの多い生活。グラウンドでのサポートや学校での講義の話などを中心に綴っています。

 

「古い」「新しい」は誰が決める? 

朝ジムに行くときに見かける小学生。
よく信号や車が発信するのをキーにダッシュの練習。
今日はいつもよりちょっと早めだったからか素振り。
もちろん知り合いじゃないしこっちがどう思っているかなんて知らないけど

人にエネルギーを与えようとしているより、
何かに懸命になっている姿に勝手にエネルギーをもらう

事の方が多いんじゃないか、というのはよく思います。

目の前のやらなきゃいけないことに引っ張られるとまだ習慣になっていないことが負ける。
その壁を断ち切ることが課題。
自分の頭の中みたいになっている本棚を整理、いよいよしなければ。

20170317191238ed8.jpg

今日も大学通りでOBに遭遇。
同じ人、てのがすごいね。

トレーニングでは中身の提示の仕方を少し変えてみました。
求める効果は同じでもそこに到達するためのアプローチは色々。
先日、道下美里選手の特集の中で、
伴走の方の走るリズムが一定ではないというのが示されてました。
それによってランナーのリズムを保つ

例えは少し違うかもしれないけど、時にはそんなことも。

CMにもあるようにまさにスマホ世代な高校生。
ちょっとした暗算もすぐ電卓使う!と思ったけど、これはそれだけでもないようで。。。
そして、そんな世代はボードゲームも楽しんでるようです。
そんな世代だから逆に新鮮かな。

「古い」とか「新しい」は誰が決めるのか。
その感覚は人それぞれで、そこまでのプロセスや経緯によって変わってくる。
だから色々なことがぐるぐる回っていくのか。
ターゲットはどんどん変わっていく。

トレーニング後にはOBからのレクチャー。
新歓はエネルギー使うよね。
ただ盛り上がるだけなら簡単なのだけど。
もうすぐにそんな季節。
スポンサーサイト

Category: 日常

Thread: ラグビー

Janre: スポーツ

Tag: 道下美里  高校ラグビー  トレーニング 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://thcircuit.blog.fc2.com/tb.php/420-cb8216e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)