04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

Thinking Circuit

高校ラグビーに関わることの多い生活。グラウンドでのサポートや学校での講義の話などを中心に綴っています。

 

外部指導者の部活動への関与を促進する効果的な方策の検討 についての調査研究 

外部指導者の部活動への関与を推進する効果的な方策の検討
Effective Strategy for Promoting Engagement of External Coaches into School-based Extracurricular Sport Activities
著者:青柳健隆,石井香織,柴田 愛, 荒井弘和,日比千里,岡浩一朗
SSFスポーツ政策研究  第2巻1号


◆目的
 先行研究において明らかになった外部指導者の部活動関与に関わる上での促進要因・阻害要因についての認識度を明らかにすること
→公立中学校・高等学校で部活動に関わる外部指導者からインタビュー調査によって促進要因・阻害要因を抽出・分類
(青柳健隆「運動部活動における外部指導者活用推進策の質的検討」
Strategies for Using External Coaches in School Based Extracurricular Sports Activities : A Qualitative Study  より)


◆対象
 公立の中学校、高等学校で活動している外部指導者1974名。
 →それぞれの都道府県から中学校・高等学校各7校を無作為抽出(計658校)
 各校3名分の調査用紙を送付(658校×3名=1974名)
 質問は6件法での回答

◆回収率
 7.5%(149名):男性129名、女性20名
 平均年齢:男性47.5(±14.9)歳、女性41.3歳(±16.2歳)
 中学校従事者86.6%、高等学校従事者:39.6%
◆調査結果
 


指導頻度:週2日以下が約4割(平均2.8日/週)
謝礼金
 無し:39.6%
 謝礼金をもらっている者の平均月額7420円(900円‐30000円)

【促進要因に対する肯定的回答上位】
 ・競技が好き、楽しい、勝たせたいなどのポジティブな感情に関する項目、
 ・部員の成長、協力的な顧問、自分自身の成長、指導できる環境があること 
など

その他
 ・派遣してくれる制度がある:肯定的回答割合は30%程度
 ・謝礼金がある:12.1%

 下位項目
 ・教員採用試験で有利に働く
 ・謝礼金がある
 ・定期券圏内である
 ・謝礼金が少なく責任が少ない
 ・非常勤講師としての採用に繋がる
 ・自分自身の店の顧客が増える


【阻害要因に対する認識の割合】
 ・部員の特性や意欲に関する項目、
 ・外部指導者自身の指導力不足、
 ・制度による制限、
 ・指導環境に関する項目

 ・外部指導者を斡旋する制度がない:2割程度
 ・謝礼金が不十分:13%

 下位項目
 ・他校の部員を敵に回さなくてはならない
 ・校内に入る手続きが面倒
 ・自分自身の子どもが卒部した
 ・悪天候である
 ・教員採用試験の際に外部指導者経験が優遇されない
 ・アルバイトができない
 ・時給制でない

  など

◆研究の限界
  母集団の代表性が保持できているか
  対象校での外部指導者活用人数

スポンサーサイト

Category: 運動部活動調査、研究

Thread: 部活

Janre: 学校・教育

Tag: 部活動  外部指導者   
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://thcircuit.blog.fc2.com/tb.php/435-61a54bad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)