FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

Thinking Circuit

高校ラグビーに関わることの多い生活。グラウンドでのサポートや学校での講義の話などを中心に綴っています。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

スポーツ合宿地としての北海道、そして函館 

帰省も間もなく終わり。
なじみの場所に足を運んだり、友人・お世話になっている人たちにあったり、
もちろんそれ以外にも用事はあるのだけどあわただしさの無い帰省です。
とはいえ、東京に戻る日が近付いてくると早いなぁ、、と思ってしまう。

前から少し気になっていたり、話題にも出たことはあるけど掲題の件。
合宿地としての北海道
ラグビーでは随分と定着していますが、他のスポーツあるいは自治体ではどうなのか。
函館だって施設は色々あって充分に可能である(課題はもちろんある)のだけど。。

そんな中で北海道新聞に亜細亜大学が釧路で合宿をしたという記事がありました。
記事そのものを載せるのは、、、なので亜細亜大学陸上競技部のBlogから
強化合宿in釧路 第3弾(亜大スポーツより)

ということで調べてみたら
以下の2つがまずヒット。
すぐ出てきたら今まで調べていなかっただけ、、なんだな。

北海道のスポーツ合宿状況 - 国土交通省(2012.3)
株式会社スポーツビジネス研究所がまとめたもののようです。
2010年の実態調査からそのきっかけや費用などについてのアンケート調査を行い、
さらにラグビーでもよく利用している北見・網走を中心とした
オホーツクエリアでの取り組みについてまとまっています。
1つの自治体だけでは色々と制約も出てくるので、
周辺自治体で手を組みながら行っている様子を見ることができます。
挙がっている要望としてはやはりアクセスの問題。
飛行機の料金や現地での「足」の調達
やはり離れているだけにこういったところは大きな課題。
最近聞いた話では「早割」や「特割」などでチケットを押さえて、、、
ということも各チームで行ったりしているそうです。
後は「トレーニング施設の充実」
そういったことを考えるても、何故函館アリーナのトレーニングルームは、、、、

この報告書の中でも
「ワンストップサービスの窓口」の必要性が訴えられています。
スポーツコミッションの存在、やはり必要ですね。

その後どうなっているのだろう?
と思いましたが、
「オホーツクスポーツ合宿総合サイト」
というサイトがありました➡オホーツクスポーツ合宿総合サイト
ここがそれにあたるのかな?

②スポーツ合宿地の検索(北海道文化・スポーツ局スポーツ振興課)
北海道の文化スポーツ局・スポーツ振興課に一覧がありました。
競技毎に施設も整理されていてわかりやすい、、、けど
直接交渉になるんですよね。
①の話と同じように、そこで間に入って色々なことを同時進行で
進めていける役割、必要です。
だって、正直面倒ですもんね。

現実的には旅行代理店の方などが入ってそれを担っているケースもあります。
全てが自治体でコントロールできなくても、そういった民間との繋がりを
上手く利用していったらもっと機会が増えるんじゃないかな。
H27年度調査で延べ270000人が利用している北海道合宿。
スポーツツーリズムという観点からも楽しみは色々。

函館も東京から近いし、便も多い(関西からは少ない、、)。
陸上競技場も第2種公認だし、中でサッカーだってラグビーだってできる。
プロ野球も開催できるし、人工芝のサッカー(ラグビー)グラウンドもある。
ラグビーは天然グラウンドもある(お客さんを入れるにはいろいろ課題あるけど)
函館アリーナも、、導線の問題などはあるけど、、できる。
他にもプールやテニスコートや、、

ここもやはり統合する舵取り、必要なんじゃないかな。
それぞれに頑張っている姿は見えてきます。
でもそれが協調したらもっとできること、生まれる力もある。

写真 2017-09-01 18 13 20 (1) 

写真 2017-09-01 18 11 32

hakodate-arena.jpg 


#合宿 #北海道 #スポーツツーリズム #スポーツコミッション 
#函館アリーナ #千代台公園野球場 #根崎ラグビー場 #函館フットボールパーク
#千代台公園陸上競技場


関連記事
スポンサーサイト

Category: スポーツ

Tag: スポーツコミッション  合宿  北海道  函館 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://thcircuit.blog.fc2.com/tb.php/456-b2befa55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。