FC2ブログ
11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

Thinking Circuit

高校ラグビーに関わることの多い生活。グラウンドでのサポートや学校での講義の話などを中心に綴っています。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

埼玉高校ラグビーの歴史?と登録者数の推移 

今年度の花その予選、埼玉県も開幕しました。
上位シードは3回戦から、その他のシード校は来週から登場です。

パンフレットに記載されている、出場校の創部年数まとめるとこのような感じに。
埼玉県高校ラグビー創部年代 
最も古かったのは県立浦和高等学校(昭和21年)。
続いて県立熊谷高等学校(昭和22年)、熊谷工業高等学校(昭和23年)、
深谷商業高等学校(昭和24年)、立教新座高等学校(昭和27年)

今回出場している中ではこれらの学校が古いところになります。
表からも一目瞭然ですが、1970年~90年までにかけて30校以上が創部。
最近創部30~40年を迎えたところが多いということですね。
近年も創部している学校があります。
その一方で出場していない学校もあるんだと思います。
この頃の登録データを確認できないのがちょっと残念。

●高体連登録者数
昨年度までの埼玉県の登録校・登録者数(高体連調べ)では
埼玉県高校ラグビー登録校登録者数 

このような感じで、グラフにすると
埼玉県高校ラグビー登録者数 
こんな感じ。
今年、花園予選出場校数は48校。上の数字と比較すると減少傾向にあります。
今年の数字はまだ出ていないので改めて数字が出てから確認してみたいと思います。

【参考資料】
・公益財団法人全国高等学校体育連盟統計資料
・平成29年度学校総合体育大会 第97回全国高等学校ラグビーフットボール埼玉県大会パンフレット


関連記事
スポンサーサイト

Category: スポーツ

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://thcircuit.blog.fc2.com/tb.php/457-21d15c1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。