FC2ブログ
11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

Thinking Circuit

高校ラグビーに関わることの多い生活。グラウンドでのサポートや学校での講義の話などを中心に綴っています。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

中体連登録者数と外部指導者:平成29年度分更新 

公益財団法人日本中学校体育連盟の加盟校調査の今年度版と、
文部科学統計要覧・文部統計要覧を組み合わせて
昨年度までの部活動加入率と今年度の部活動加入者推移を追ってみました。

中学生人口推移(H29)

中体連登録者数推移(H29)

見てわかる通り、中学生人口は男女とも減ってまして、運動部活動加入者数もやはり減っています。
母数が減るわけですからね、これは特に不自然でもない。

部活動加入率でみてみると、、
中体連運動部活動加入率:男女(H29)

このような形で確かに減少してはいるけどずっと右下がり、でもないんですね。
細かい競技の比較はちょっと置いといて(そこまで手が回ってない。。)
中体連では外部指導者の数も公開されています(高体連でもやってほしい、我々が見える形に)
中体連登録外部指導者数(H29)
増えてるんですよね、ずっと。
昨今、部活動顧問を取り巻く負担の話も多く出ますが、改善も進んでいる、
のか、
増えているから出てきている問題もある
のか。
さらに中体連の競技は登録競技と参考競技に分かれているのでそれぞれの推移をみると
中体連登録生徒-外部指導者数:登録競技(H29)

中体連登録生徒-外部指導者数:参考競技(H29)

外部指導者はどちらも増えている。
競技人口が減少しているのは登録競技に多い
ということになります。

これはクラブなどで活動できるようになっていることもあるのかもしれませんね。

外部指導者の中はどんな立場の人がどれくらいいるのか、
どれくらいの頻度で活動しているのか

色々気になる。

【参考資料】
公益財団法人日本中学校体育連盟:加盟校調査
文部科学統計要覧・文部統計要覧:中学校
関連記事
スポンサーサイト

Category: 調べてみました

Thread: 部活

Janre: 学校・教育

Tag: 運動部活動  外部指導者  中体連   
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://thcircuit.blog.fc2.com/tb.php/458-99ac8f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。