06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Thinking Circuit

高校ラグビーに関わることの多い生活。グラウンドでのサポートや学校での講義の話などを中心に綴っています。

 

機会をつくる 

「保健体育」という科目。
高校までに行なっているようなものではなくて、
障がい者スポーツを疑似体験したり、トレーニングを通して自分の体の動きを観察したりする時間。
これまでにサウンドテーブルテニスを模したものや、
ブラインドウォーキング(目隠しした状態で他人に誘導してもらいながら歩く)などを実施。
今年はブラインドボールも購入してもらったので、
これを使って色々な体験の場を用意する予定。

経験値だけじゃなくて、将来セラピストとして歩む人たちに伝えたいことも含まれている。
すぐにはわかりにくいかもしれないけど。

手前味噌ですが、こういうのは学校教育の中にもっとあってもいいと思う。

今日は実際に実技でやる種目について、
発生頻度の高い外傷や障害を調べて発表。
偏っているものもあるし、用語を正確に使えていないところもあったけど、これがスタート。
1年半後には見違えるような発表ができるだろう。
普段賑やかな学生でも、発表になるとみんなよそよそしくなる。
これまでそういう形を刷り込まれてきたのかな。

発表している間は、みんな発表者にも興味があるからよく聞いている。
一方的に与えられる中で取り込む能力も大切。
でも、余裕のあるところでは違うアプローチがあってもいい。
ゴールは理解してもらうこと、考えてもらうこと。

色々な形式で講義を行なっていると、それぞれを混ぜてみたくもなる。
それぞれにカスタマイズまではできないけど、
選択肢を増やす手伝いにはなっていたいと思う。

機会をちゃんとつくるのはこちらの仕事。

#障がい者スポーツ #サウンドテーブルテニス #ブラインドウォーキング
関連記事
スポンサーサイト

Category: 仕事の話

Thread: 専門学校

Janre: 学校・教育

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://thcircuit.blog.fc2.com/tb.php/465-1215b414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)