FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

Thinking Circuit

高校ラグビーに関わることの多い生活。グラウンドでのサポートや学校での講義の話などを中心に綴っています。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

運動部活動の指導・運営と指導者養成に関する調査報告書(平成26年度) 

顧問の先生を対象にした、運動部活動指導において大学で学ぶべきことと、現場で実践できていることの調査。
以前に書いたものの手直し。

平成 26 年度 文部科学省委託研究「学校体育活動における指導の在り方調査研究」
運動部活動の指導・運営と指導者養成に関する調査報告書(平成 27 年 3 月,文教大学)


◆調査対象
 中学校1300校、高等学校700校(どちらも全体の約15%)で各校2名に回答依頼
◆回収率
 55.8%(母数を4000名)
◆調査項目
 下記項目について5件法で回答を依頼、
  1)大学で学ばせる必要がどの程度あるか
   ~1.必要ない・2.あまり必要ない・3.どちらとも言えない・4.少し必要・5.必要~
  2)貴校ではどの程度実現できているか
   ~1.できていない・2.あまりできていない・3.どちらとも言えない・4.だいたいできている・5.できている~

①担当する運動部のスポーツ種目の基礎的な知識
②生徒の発達段階や成長に応じた指導法
③生徒の性差に応じた指導法
④トレーニング計画を考えたり、指導する際の基礎となる科学的知識
⑤安全管理や事故防止、危機管理の方法
⑥生徒が主体的に自立して取り組む力を育成する指導法
⑦生徒間の人間関係形成やリーダー育成などの集団づくりの方法
⑧厳しい指導と許されない指導の区別
⑨生徒のニーズや意見を反映させた目標と計画
⑩学校組織全体で運動部活動の目標や指導の在り方を考えること
⑪目標や方針等について、保護者や関係者に説明すること
⑫外部指導者等の協力や連携による指導体制の方法
⑬運動部指導の自己点検・評価の方法
⑭指導者の感情コントロールやストレス・マネジメント
⑮指導力向上のために学校内外での研修や研究

◆結果

【大学で学ばせるべき内容】
肯定的な回答の多かった上位3項目
⑤安全管理や事故防止、危機管理の方法
⑧厳しい指導と許されない指導の区別
②生徒の発達段階や成長に応じた指導法
*「5.必要である」が50%を超えている項目は他に
①担当する運動部のスポーツ種目の基礎的な知識
④トレーニング計画を考えたり、指導する際の基礎となる科学的知識

【現場で実現できている程度】
「5.できている」が多い上位3項目
⑧厳しい指導と許されない指導の区別
⑤安全管理や事故防止、危機管理の方法
⑪目標や方針等について、保護者や関係者に説明すること

否定的な回答(「1.できていない」「2.あまりできていない」)の多い上位3項目
⑬運動部指導の自己点検・評価の方法
⑫外部指導者等の協力や連携による指導体制の方法
④トレーニング計画を考えたり、指導する際の基礎となる科学的知識



調査研究ではさらに性別や年齢などによる分析も行われているけど、まずはここまで。
実現できていると感じていても、問題として挙げられている項目はそこに含まれている気がする。
当人と周りの乖離が起きやすい項目でもあると考えられる。
体罰の話でも論点になるところ。安全管理に関しても同じかな。
大事故が起きなければ「つきもの論」で片づけられてしまうものもある。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 運動部活動調査、研究

Tag: 運動部活動 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://thcircuit.blog.fc2.com/tb.php/471-5cfb420c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。